Le régiment H ─ル・レジマン・アッシュ─

台湾・高雄市から土方歳三と榎本武揚を想いつつ、幕末と江戸時代ににまつわる話題を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

松濤園散策

厳しい残暑の中、池上本門寺内の松濤園の一般公開に行ってきました。
慶応4年3月に、松濤園の東屋(現存せず)で西郷隆盛と勝海舟が江戸城開城に関する会見をしたと伝えられています。
当時、池上本門寺には新政府軍(西軍)の本営が置かれていました。
池上本門司


池上本門寺は都営地下鉄・西馬込駅もしくは東急池上線・池上駅が最寄駅です。
行きは西馬込駅から行ってみました。
お寺のサイトには徒歩8分とありますが、実際は倍ぐらいかかりました。境内が広いので、境内に入ってから、松濤園の入場受付の朗峰会館までの距離がかなりありました。

思った以上に、見学に来ている人がたくさんいました。
わたしは東京龍馬会のサイトで松濤園の一般公開を初めて知りましたが、知っている人は知っている毎年の催しのようです。

松濤園遠景

上の写真(クリックすると大きくなります)の中央にちらりと写っている建物は、勝さんと西郷どん(笑)が会見したあずまやの跡に建てられた茶室「浄庵」です。
こちらが「浄庵」の近くにある、西郷どんと勝さん会見の碑です。
揮毫したのは西郷どんの甥の西郷従徳です。
西郷・勝会見の碑

碑が立っている辺りで佇んでいると(笑)、「ここで勝海舟がね~」という会話が耳にたびたび飛び込んできました。
勝さんは旧幕臣の中で知名度は抜群ですね。
幕末の世界を知るにつれて、わたしにとっては捉えがたい人物になってしまいましたが…

庭園はかなり高低差があり、それを利用した滝もあります。(残念ながら水は流れていませんでした)
強い陽射しの中、起伏のある散策路を歩くのは、かなりしんどかったですが、木陰に入ると木々の間を通る風が気持ち良く感じられました。
でも、一般公開するなら、もう少し時期をずらしてほしいです。
場所の性質上、見学に来ていた人にお年を召した方を多く見受けましたが、ただでさえ起伏のある庭園を、あの暑さの中、散策するのはきついと思います。

庭園を散策した後は、境内を散策しました。
さすが日蓮宗の総本山だけあって、境内が広々としていて、建物も大きかったです。
西軍が境内をどのように本営として使っていたかは知りませんが、これだけ広かったら、相当数の兵士を収容できたでしょう。
主な建物は太平洋戦争中の空襲で焼けてしまい、戦後に再建されたものが大半ですが、江戸時代の初期に建造された五重塔は今もそびえています。
池上本門寺の五重塔

また、境内の墓地に河上彦斎(「るろうに剣心」の主人公、緋村剣心のモデル)の墓があるそうですが、見つけられませんでした。

はじめの計画では、池上本門寺を散策した後は、都営浅草線で泉岳寺駅まで足を伸ばして、久しぶりに泉岳寺にお参りして、その後、幕末にフランス、イギリスの公使館になったお寺に行ってみるつもりでした。
でも、出かける前からあまり体調が良くなかったので(けど今日しか行く日がなかった)、出発が遅れてしまったのと、この暑さでバテてしまったので、泉岳寺行きは断念しました。
とは言え、多摩郡の東端に住むわたしにとっては池上本門寺のある大田区は縁のない地域だったので、この機会に行ったことのないところに行けて、ちょっとした旅気分を味わえました。
来週はもっと足を延ばして、横須賀に行きます。
  • [No Tag]

*Comment

 

まやこさん
私も今日チビッコと出かけてきました~本門寺、初めて行きましたがすごく広くて驚きました。とても大田区池上とは思えない、緑豊かな場所でした。
松濤園ではお約束の「精進アイス」も食して満足♪ついでに洗足池も回ってきました。
レポ書いたらTBさせて下さいネ。
  • ままこっち 
  • URL 
  • 2006年09月03日 21時26分 
  • [編集]

 

連投すみません。
来週のよこすか開国パレードですが、場所と時間に注意!場所は横須賀中央がメイン会場で、時間も午後3時くらいと遅めです。
中島三郎助や開国関連については浦賀に史跡が集中していて、横須賀中央とは離れています。浦賀についてはGW行ってきてレポまとめていますので、もし行かれるようでしたら記事見てみてくださいね。
  • ままこっち 
  • URL 
  • 2006年09月03日 21時28分 
  • [編集]

>ままこっちさん 

ままこっちさん親子も池上本門寺に行かれたのですね~
精進アイスは、わたしの目の前で売り切れてしまったので、食べ損ねました(苦笑)お味はいかがでしたか?
洗足池は、帰りの電車で通っただけです。
暑さに負けて勝さんのお墓参りする気力がありませんでした。

今週末もまだまだ暑そうなので、横須賀はヴェルニー公園散策と、パレードを見るだけになりそうです。
浦賀もぜひ行ってみたいです。
ままこっちさんの浦賀レポ連載中に、ちょうどあるTV番組で元力士が浦賀を訪れていて、あの小さな渡し舟にも乗っているのを見ました。

それからTBはもちろんOKです。
わたしもままこっちさんが記事をアップ次第、TBしますね。
  • まやこ 
  • URL 
  • 2006年09月04日 19時46分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://regimenth.blog55.fc2.com/tb.php/70-9a89a1fa

ご案内

プロフィール

まやこ

Author:まやこ
2月27日生まれのうお座・AB型

舞台や展覧会を観るのが好きで、仏蘭西と西洋史をこよなく愛する歴女です。(や○い・BLは好きではないので、腐女子ではないようです(笑)

2006年の元旦に「新選組!!土方歳三最期の一日」を見たのがきっかけで新選組副長、土方歳三のファンになり、幕末の世界に足を踏み入れ、全身どっぷり漬かっています。
土方歳三だけでなく、榎本釜次郎武揚、小栗上野介忠順、中島三郎助も贔屓にしています。
彼らの足跡を追って、山の奥や海の彼方にも行きました。

ブログのタイトルは仏蘭西語です。意味と由来はこちらをご覧ください。

もし記事の内容に間違いを見つけましたら、鍵付コメントか下のメールフォームにてご指摘ください。
本文に全く関係のないコメント・トラバは見つけ次第即削除します。
WEB拍手のコメント返しは、拍手をいただいた記事につけます。

結婚に伴い、長年住んでいた武州多摩郡某村(甲州道中沿い)から武州久良岐郡(横浜市南部)に引っ越したが、2014年6月に夫の仕事の都合で台湾南部の高雄市に住むことになりました。

ブログランキングに参加中!

↓一日一押しお願いします♪

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

日々のつぶやき

最近の記事

月別アーカイブ

西暦をクリックすると、その年の月別リストが表示されます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。