Le régiment H ─ル・レジマン・アッシュ─

台湾・高雄市から土方歳三と榎本武揚を想いつつ、幕末と江戸時代ににまつわる話題を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

地元の長老の話

雑記(多摩郡ネタ)のカテゴリで記事を書くのは実に一年以上ぶりです。
今回のネタはローカルの極みと言える内容です。

わたしの住む町の隣りにスポーツの強豪校として知られる国学院久我山高校のある、(東京都杉並区)久我山という地域があります。
買物などで久我山に行く頻度は高いので、久我山はわが地元と言っても過言ではありません。

久我山のある地区の自治会の会報が、町中の掲示板に貼り出されてます。
長い間会報の存在に気づかずにいましたが、「久我山昔話」というコラムが載っているのを知ってから、チェックするようになりました。
「久我山昔話」はその名の通り、昔の久我山について語るコラムですが、それに書かれているのは知らない出来事ばかりで、改めて自分の足元の歴史を知らないことに気づかされます。

今日、吉祥寺に行く用事があり、自転車で久我山を通った際、自治会会報の「久我山昔話」をチェックしたら、コラムの題は何と「近藤勇を運んだ道」というタイトルでした。

以下、斜体の文章はコラムの引用です。(全文ママです)

◇近藤勇を運んだ道
慶応3年(1868年)、中仙道板橋宿近くで処刑された近藤勇(33歳)の首なし遺体を荷車で運んだ。
人目を忍び、夜に裏街道を進んだ。
久我山の馬車道を通り、宮下橋(神田川)を渡り、「もう少しで小金井だ」と一休みしたのは、空が白んだ牟礼橋(玉川上水)だった。
その時の牟礼橋が今でも残っている。
(久我山の長老が小金井の親戚から聞いた話)


「久我山の馬車道」は京王井の頭線久我山駅のすぐ北側を通る道で、宮下橋も牟礼橋は何度となく通ったことのある橋です。
下の地図では右上を流れる神田川と「久我山稲荷」の信号から人見街道に向かう道が交差するところにあるのが宮下橋、下側を流れる玉川上水と人見街道が交差する所にあるのが牟礼橋です。
牟礼橋の袂には大木と共に小さな祠があり、昔の面影が忍ばれます。

人見街道を西に進めば、近藤勇の菩提寺、龍源寺及び生誕地に至ります。
龍源寺があるのは現在は三鷹市大沢で、小金井市ではありませんが、昔は大沢村も含めた広い範囲を「小金井」と呼んでいたのもしれません。
(地図で見ると三鷹市大沢は小金井市の南側に位置しています)


あの橋を勇さんの遺体を載せた荷車を通ったのか…と思うと胸が詰まります。
でも、勇さんが(現在の三鷹市)牟礼に出稽古に行った記録が残っているので、生きている時もこれらの橋を通った可能性は大きいです。

旧多摩郡には地元の長老によって伝えられてきた、勇さん(や歳さん)についての逸話がこの他にも眠っているのもしれません。
更にわが地元に愛着を感じるようになりました。
  • [No Tag]

*Comment

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://regimenth.blog55.fc2.com/tb.php/301-4d99f8c3

ご案内

プロフィール

まやこ

Author:まやこ
2月27日生まれのうお座・AB型

舞台や展覧会を観るのが好きで、仏蘭西と西洋史をこよなく愛する歴女です。(や○い・BLは好きではないので、腐女子ではないようです(笑)

2006年の元旦に「新選組!!土方歳三最期の一日」を見たのがきっかけで新選組副長、土方歳三のファンになり、幕末の世界に足を踏み入れ、全身どっぷり漬かっています。
土方歳三だけでなく、榎本釜次郎武揚、小栗上野介忠順、中島三郎助も贔屓にしています。
彼らの足跡を追って、山の奥や海の彼方にも行きました。

ブログのタイトルは仏蘭西語です。意味と由来はこちらをご覧ください。

もし記事の内容に間違いを見つけましたら、鍵付コメントか下のメールフォームにてご指摘ください。
本文に全く関係のないコメント・トラバは見つけ次第即削除します。
WEB拍手のコメント返しは、拍手をいただいた記事につけます。

結婚に伴い、長年住んでいた武州多摩郡某村(甲州道中沿い)から武州久良岐郡(横浜市南部)に引っ越したが、2014年6月に夫の仕事の都合で台湾南部の高雄市に住むことになりました。

ブログランキングに参加中!

↓一日一押しお願いします♪

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

日々のつぶやき

最近の記事

月別アーカイブ

西暦をクリックすると、その年の月別リストが表示されます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。