Le régiment H ─ル・レジマン・アッシュ─

台湾・高雄市から土方歳三と榎本武揚を想いつつ、幕末と江戸時代ににまつわる話題を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

武蔵野大学の生涯学習講座

この「る・れじまん・あっしゅ」は最新情報提供型のブログではありませんが、たまたま情報が入ったのでご紹介します。

東京の武蔵野大学で10月から開講される、平成21年度後期生涯学習講座に再び榎本さんが登場です。
以下、武蔵野大学からわたしの手元に届いた講座の案内からの引用です。(少し改変あり)

NO.52 榎本武揚の書簡より幕末・明治を読み解く 講師:榎本隆充

榎本武揚のロシア、清国公使時代などの家族・政治家あての書簡より、当時の政治、社会情勢を読み解きます。

開講日:10/24・11/14・11/28(土曜日) 13:00~14:30 全3回 3000円
会場:武蔵野大学 三鷹サテライト教室



武蔵野大学のサイトではもう少し詳しく紹介されています。

前期にも榎本さんの手紙を読む講座が開講されましたが、申し込もうと思っていたところに原因不明の高熱がきっかけで体調不良になってしまい、申込み損ねてしまいました。

会場が武蔵野大学なら連続講座に申し込みませんが(大学に行くのに吉祥寺か三鷹駅からバスに乗らないといけないのが面倒)、生涯学習講座の会場は三鷹駅前のサテライト教室で、ここなら自宅から自転車で行ける距離なので申し込むつもりです。
もしも、この講座に申し込まれる方がいらしたら、ご一報ください。
  • [No Tag]

*Comment

 

まやこさん、こんばんは。
武蔵野大学の講座の紹介、ありがとうございます。今年は前期に引き続き、後記も榎本隆充先生の講座があるのですね。

もし都合がつけば、3回分の受講料を振り込んで1回だけ受講とかも考えたりしたのですが・・・多分、同時期に開催される福山城の展示の方に行くと思います。
もし受講されるのでしたら、講義のご様子など、レポ楽しみにしていますね。
  • 香音里 
  • URL 
  • 2009年08月28日 23時55分 
  • [編集]

 

>香音里さん

前回は申し込み損ねてしまったので、後期は忘れず申し込んで受講するつもりです。
何しろ自転車で行ける距離なのがポイントです(笑)
以前武蔵野大学で、榎本隆充氏の講座を聴講した時は大学校内の大教室での開催で、大学時代に戻った気分になりましたが(笑)、今度の講座は定員50名と割と小規模なので、雰囲気も変わるでしょう。

福山城の榎本親子展、見に行かれるつもりなのですね。
さすがに福山には行けそうにないので、香音里さんが見に行かれた折にはぜひ様子をお聞かせください。
  • まやこ 
  • URL 
  • 2009年08月29日 12時19分 
  • [編集]

 

お久しぶりです♪
武蔵野大学の生涯学習講座に榎本さんが出るんですね。
なるほど。私は今回はちょと無理かもしれません。背景が変わりましたね。
とても格好いいです♪
掲示板が新しくできました。
話題はフリーです。どんどん書き込んでくださいね。
後、掲示板で新選組でも話しましょう♪
  • 勇春 
  • URL 
  • 2009年09月14日 04時44分 
  • [編集]

 

>勇春さん

幕末・明治に活躍した人のご子孫の中で、榎本隆充氏は積極的に表に出て活動されています。
いつまで、お元気でいていただきたいです。

ブログのテンプレは1ヶ月程前に変えたので、そろそろ秋らしい雰囲気のテンプレに変えるつもりでいます。

掲示板、拝見しましたが、新選組や幕末の話題オンリーではないんですね。
美少女マンガありみたいなので…申し訳ありませんが、遠慮しておきます。
  • まやこ 
  • URL 
  • 2009年09月14日 19時25分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://regimenth.blog55.fc2.com/tb.php/291-42fc093f

ご案内

プロフィール

まやこ

Author:まやこ
2月27日生まれのうお座・AB型

舞台や展覧会を観るのが好きで、仏蘭西と西洋史をこよなく愛する歴女です。(や○い・BLは好きではないので、腐女子ではないようです(笑)

2006年の元旦に「新選組!!土方歳三最期の一日」を見たのがきっかけで新選組副長、土方歳三のファンになり、幕末の世界に足を踏み入れ、全身どっぷり漬かっています。
土方歳三だけでなく、榎本釜次郎武揚、小栗上野介忠順、中島三郎助も贔屓にしています。
彼らの足跡を追って、山の奥や海の彼方にも行きました。

ブログのタイトルは仏蘭西語です。意味と由来はこちらをご覧ください。

もし記事の内容に間違いを見つけましたら、鍵付コメントか下のメールフォームにてご指摘ください。
本文に全く関係のないコメント・トラバは見つけ次第即削除します。
WEB拍手のコメント返しは、拍手をいただいた記事につけます。

結婚に伴い、長年住んでいた武州多摩郡某村(甲州道中沿い)から武州久良岐郡(横浜市南部)に引っ越したが、2014年6月に夫の仕事の都合で台湾南部の高雄市に住むことになりました。

ブログランキングに参加中!

↓一日一押しお願いします♪

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

日々のつぶやき

最近の記事

月別アーカイブ

西暦をクリックすると、その年の月別リストが表示されます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。