Le régiment H ─ル・レジマン・アッシュ─

台湾・高雄市から土方歳三と榎本武揚を想いつつ、幕末と江戸時代ににまつわる話題を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

「JIN─仁─」TVドラマ配役決定

以前から、わたしの愛読する幕末マンガ「JIN─仁─」のTVドラマ化が決定していましたが、今日、ついに配役が正式発表されました。

もっとも、わたしは昨日、とある幕末ブログに載っていた配役表で、わたしの贔屓の俳優が思わぬ役にキャスティングされているのを知りました。
でも、翌日(今日)が掲載誌の発売日なので、掲載誌でちゃんと確認してからに記事にしようと思いました。

もっとも掲載誌で確認する前、昨日のうちに、原作者が公式サイトに掲載誌に載せる配役表をアップし、今日の午前中にはドラマの公式サイトもアップされていました。

それでは配役表、いきまーす(笑)
(俳優名は基本的に敬称略です)

TBS日曜劇場 「JIN─仁─」 
10月よりスタート 夜9時~

南方仁:大沢たかお
野風/友永未来:中谷美紀
橘咲:綾瀬はるか
坂本龍馬:内野聖陽
橘恭太郎:小出恵介
橘栄:麻生祐未
勝海舟:小日向文世
緒方洪庵:武田鉄矢
山田純庵:田口浩正
佐分利祐輔:桐谷健太
妙:戸田菜穂
鈴屋彦三郎:六平直政

民放の1クールドラマにしては、かなり力の入った配役ですね。
今発表されている配役を見る限りでは、コミックスの5巻(野風が乳がんの摘出手術を受けるところまで)映像化しそうな感じです。
ちなみに中谷美紀演じる「友永未来」は、1巻で仁を振った女性だそうです。(原作では名無しなのに!)

大沢たかおは、仁にしては見た目が細い感じがしますが、演技は大丈夫のでは。
中谷美紀は「生きている実感がない」花魁を演じるのに、適役だと思います。
綾瀬はるかは、可愛いだけでなくちょっと勝気なところもある咲さんに相応しいのでは。
栄さんは夏木マリでなかったのがわたしも残念です。
勝さんは来年の大河ドラマの方よりハマってると思います。
「JIN─仁─」では勝さんは仁が幕末の世界に深く入り込むきっかけを作り、この物語の要ともいえる人物なので、この配役にホッとしています。
緒方先生は…来年のドラマで勝さんを演じるよりは、歳相応でいいんじゃないでしょうか。
あ、松本(良順)先生やヘボンは誰が演じるんでしょう?

個人的には「坂本龍馬:内野聖陽」がうれしいです
以前から、内野さんが幕末の人物を演じるなら誰がいいだろう、中島三郎助がいいかも…と思っていました。(渋すぎ?)
なので、坂本龍馬という幕末史で抜群の知名度の人物を、しかも大河ドラマの直前に(!)演じるとは思ってもいませんでした。
来年、龍馬を演じる方とは対照的に、とっても濃い龍馬になることが予想されます(笑)
あの「ぱうわぁ~」や、仁が現代から持ってきたポケベルに驚いたり、仁と吉原に登楼する龍馬を、内野さんが演じるとは今から考えるだけでワクワクします。

でも、わたしより1クールドラマや映画をよく見ている弟に「大沢たかおの主演作は話題にはなるけど、実際の出来は今いちなことが多い。それにあまり期待しすぎるのもよくない。出来が悪かった時にガックリするから」と言われました。
確かに…内野さんが出演したとあるドラマで、放映開始前に期待しすぎたせいか、あまりにも出来の悪い脚本に絶望したことがありました。(最近放映された「臨場」でないです)
とは言え、やっぱり期待してしまいます。
  • [No Tag]

*Comment

 

お久しぶりです。
「JIN─仁─」が日曜劇場でやるんですかっ!
大沢さん、最近龍馬のカッコしてCMに出てましたが、今回は内野さんが龍馬役なのですね。いや~、楽しみ~♪
『臨場』は途中で挫折してしまった私ですが、今度は最後まで楽しく見られると良いなぁ。最近大人(おじさん?)の役が多かったので、若々しい姿を見せて欲しいです。

>緒方先生は…来年のドラマで勝さんを演じるよりは、歳相応でいいんじゃないでしょうか。

同感です。絶対勝役よりも、緒方先生役が合っている気がする~。
『浪花の華』の彼とはあまりにイメージ違いますが、あれはまた特殊ですしね(笑)。
  • YAGI節 
  • URL 
  • 2009年07月22日 22時12分 
  • [編集]

>YAGI節さん 

>YAGI節さん
こちらこそご無沙汰してます。
「JIN」が日曜劇場の枠で放映されるとは思ってもみなかったので、ちょっと驚いています。(弟は衛星放送でやるんじゃないかと思っていたほどなので)

「臨場」は結構評判が良くて、視聴率も高かったそうですが、わたしは警察モノが今いち苦手なので、1回しか見ませんでした(汗)
それに今、内野さんが世田谷パブリックシアターで公演中の舞台の役も50過ぎのロリコン男なので(爆)、龍馬のように実年齢より若い役は新鮮ですね。

武田鉄矢は「龍馬伝」での勝役にしては歳取り過ぎですよね(苦笑)
龍馬と出会った頃の勝さんは40代なのに…
緒方先生の方がまだいいと思います。
でも「浪花の華」のヘタレな章くんがああなってしまうと思うとちょっと笑えてしまいます。
  • まやこ 
  • URL 
  • 2009年07月22日 22時54分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

まやこ

Author:まやこ
2月27日生まれのうお座・AB型

舞台や展覧会を観るのが好きで、仏蘭西と西洋史をこよなく愛する歴女です。(や○い・BLは好きではないので、腐女子ではないようです(笑)

2006年の元旦に「新選組!!土方歳三最期の一日」を見たのがきっかけで新選組副長、土方歳三のファンになり、幕末の世界に足を踏み入れ、全身どっぷり漬かっています。
土方歳三だけでなく、榎本釜次郎武揚、小栗上野介忠順、中島三郎助も贔屓にしています。
彼らの足跡を追って、山の奥や海の彼方にも行きました。

ブログのタイトルは仏蘭西語です。意味と由来はこちらをご覧ください。

もし記事の内容に間違いを見つけましたら、鍵付コメントか下のメールフォームにてご指摘ください。
本文に全く関係のないコメント・トラバは見つけ次第即削除します。
WEB拍手のコメント返しは、拍手をいただいた記事につけます。

結婚に伴い、長年住んでいた武州多摩郡某村(甲州道中沿い)から武州久良岐郡(横浜市南部)に引っ越したが、2014年6月に夫の仕事の都合で台湾南部の高雄市に住むことになりました。

ブログランキングに参加中!

↓一日一押しお願いします♪

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

日々のつぶやき

最近の記事

月別アーカイブ

西暦をクリックすると、その年の月別リストが表示されます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。