Le régiment H ─ル・レジマン・アッシュ─

台湾・高雄市から土方歳三と榎本武揚を想いつつ、幕末と江戸時代ににまつわる話題を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

先月のこと

約1ヶ月ぶりの更新です。
1ヶ月前は、原因不明の高熱が10日余り続き、よれよれしてました。
このブログは本来は私事を綴るブログではありませんが、近況報告を兼ねて熱が出た時のことを書いてみます。

前回の記事ににも書きましたが、3月28日の日野市観光協会主催の「歴史の道ウォーク」に参加した次の日、39度台の高熱を出し、寝込んでしまいました。
熱が出たのが日曜日だったので、翌日仕事を休み、地元の医者に診察してもらい、点滴を打ってもらいました。
39度台の熱が出たのは2年ぶりで、その時も地元の医院で点滴を打ってもらい、1日で熱が下ったので、今回も点滴を打って熱が下がるかと思いましたが、そうはいかず、2日連続で仕事を休まざるを得ませんでした。
派遣社員の身なので、欠勤するとダイレクトに給料が響くのが痛いですが、仕方ありません。
わたしの場合、38度台の熱でも食欲がありますが、39度台になるとさすがに食べる気力がなくなりました。
でも、薬を飲まなくてはいけないので、何とか胃に食べ物をいれなくてはと思い、やっとの思いで雑炊やうどんを食べました。ちなみに雑炊やうどんは、近所に住む母が持ってきてくれました。母には本当に感謝しています。
熱が出てから、3日目の夜(3月31日)にようやく37度台まで熱が下がったので、次の日はようやく出勤することができました。
病み上がりの体で、仕事をやっとの思いでこなしましたが、片道約1時間の電車通勤も堪えました。
何しろ歩くのがおぼつかない状態だったので、駅のエレベーターやエスカレーター、階段の手すりが実にありがたかったです。
このまま熱が下がって、平熱になればいいなと思っていました。

ところが、何日経っても熱は一向に下がりませんでした。
体温が最も低い朝でも37度台、何とか仕事をして帰宅すると38度台に上がってしまい、体はふらふらです。
でも、熱以外は、風邪の症状はなく、食欲もそれなりにありました。

熱があることを隠して、週末には高校時代の友人の集まりに行きましたが、それ以外は花見シーズンにもかかわらず、家で大人しくしていました。
家のベランダから桜が咲いているの見えるし、近所であちこち桜が咲いてるので、わざわざ花見に出かけなくてもいいや、と強がっていましたが…

でも、このような症状は生まれてから初めてで、仕事先で医療関係の書類を大量に見ているのもあり、もしかしたら風邪でない何か他の病気にかかっているのかもしれないと心配になりました。
地元の医院でもらった薬を飲み終えたのもあって、週明けに勤務先の近くにある医院に行って、改めて診察してもらいました。
その医院は白金という場所柄を反映して、訪れているのがいかにもシロガネーゼな奥様とお子様ばかりでした(笑) そのことは以前、その医院で診療を受けたことがある同僚から聞いて知ってましたが、地元ではまずお目にかかれない人種を目の当たりにして、ちょっと驚きました。
それはさておき…その医院では血液・尿検査を受け、胸のレントゲンも撮りました。
血液検査で10数年前から知っている鉄分不足を指摘されただけで、それ以外は発熱に関係するような異常は見つかりませんでした。
これがいわゆる、勤務先で見る書類でたまに目にする「(原因)不明熱」か…と思いました。
前回の記事はこの状態の時に書きました。

体温がようやく平熱になったのは、発熱してから10日余り経ってからです。
でも、10日以上体温が37度以上だったので、体が焼けてしまったようで、すっかり体力を消耗してしまいました。(食欲はあったので、体重は全然下がりませんでしたが(苦笑)

4月17日に、仕事帰りに国立公文書館で開催されていた特別展『旗本御家人』を見に行きました。
オーディオガイドを聞きつつ、じっくり展示を見ていたら、あっという間に2時間近く経ちました。
病み上がりの体には2時間展示を見るのもきつく、よれよれになって帰宅しました。

やっと回復したな…と思えたのは、その翌々日に井の頭公園で野外ヨガをやった時です。
平日は高層ビルのオフィスにこもって仕事しているだけに、外の気持ちよい空気を吸いながら、ヨガしたのは体に良い影響を与えたようです。

それから約1週間後の4月25日には、雨の中浦賀に行き、『咸臨丸フェスティバル』に行って来ました。
雨のため、式典以外の催しはほぼ中止になってしまいましたが、普段はなかなか会う機会のない方々に何人も会えて良かったです。
ある幕臣の子孫の方にも一年ぶりに再会出来て、しかもわたしのことを覚えていてくれたのが、うれしかったです!

長々と書きましたが、先月のわたしはこんな感じでした。
まあ、これだけ文章を書けるだけ復活したと思ってやってください(笑)

いや…熱でこんなに体力、気力を奪われるとは思ってもいませんでした。
長期間の発熱の余韻は今なおわたしの体に影響を及ぼしています。
年のせいかなとつくづく思います(苦笑)

明日は久しぶりに某SNSの幕末オフ会に参加して、土方資料館に行ったり、ひの新選組まつりを見る予定です。
わたしは、今ではすっかりディープな幕末ファンになってしまったので、参加者の人と話が会うかちょっと不安ですが、今に至ったのはそもそも、歳さんの存在ありきなので、初心を思い出せたらと思っています。
  • [No Tag]

*Comment

WEB拍手お返事 

>5月12日に拍手してくださったEさん

こちらこそご無沙汰しています。
というより、こちらのブログも見てくださって、ありがとうございます。
体調は今はすっかり回復しました。
週末にはとあるフランス系展覧会に行くつもりです。
  • まやこ 
  • URL 
  • 2009年05月12日 21時57分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://regimenth.blog55.fc2.com/tb.php/271-73bee62e

ご案内

プロフィール

まやこ

Author:まやこ
2月27日生まれのうお座・AB型

舞台や展覧会を観るのが好きで、仏蘭西と西洋史をこよなく愛する歴女です。(や○い・BLは好きではないので、腐女子ではないようです(笑)

2006年の元旦に「新選組!!土方歳三最期の一日」を見たのがきっかけで新選組副長、土方歳三のファンになり、幕末の世界に足を踏み入れ、全身どっぷり漬かっています。
土方歳三だけでなく、榎本釜次郎武揚、小栗上野介忠順、中島三郎助も贔屓にしています。
彼らの足跡を追って、山の奥や海の彼方にも行きました。

ブログのタイトルは仏蘭西語です。意味と由来はこちらをご覧ください。

もし記事の内容に間違いを見つけましたら、鍵付コメントか下のメールフォームにてご指摘ください。
本文に全く関係のないコメント・トラバは見つけ次第即削除します。
WEB拍手のコメント返しは、拍手をいただいた記事につけます。

結婚に伴い、長年住んでいた武州多摩郡某村(甲州道中沿い)から武州久良岐郡(横浜市南部)に引っ越したが、2014年6月に夫の仕事の都合で台湾南部の高雄市に住むことになりました。

ブログランキングに参加中!

↓一日一押しお願いします♪

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

日々のつぶやき

最近の記事

月別アーカイブ

西暦をクリックすると、その年の月別リストが表示されます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。