Le régiment H ─ル・レジマン・アッシュ─

台湾・高雄市から土方歳三と榎本武揚を想いつつ、幕末と江戸時代ににまつわる話題を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

師走の近況

例によって、前回の更新から間が空いてしまいました。

今月の頭から新しい勤め先で働き始めて10日が経ち、少しずつ仕事に慣れつつあります。
わたしの席から東京タワーが見えますが、それよりもビルの眼下に見える三田や高輪のお寺の屋根や緑に癒されています。
三田や高輪には幕末史に関係するお寺がいくつもあって、毎日定時で上がれるので、仕事帰りにこの界隈を散策してもよさそうですが、今の時期は午後5時にはとっぷり日が暮れて、真っ暗になるので散策する気にはなれません。
来年になったら、幕末の面影を訪ねる街歩きをしたいです。

それから、また電車通勤するようになって、読書のペースが速くなりました。
今は、途中まで読んでいながら放置していた『軍艦「甲鉄」始末』(中村彰彦・著)を読んでいます。

以前から、本は家で読むより、通勤(通学)途中の電車で読むことが多かったですが、携帯電話のパケ放題のプランに入っているのをいいことに、PCだけでなく携帯でも某SNSを見るようになってから、電車の中で本を読む頻度が少なくなってしまいました。その上、前の勤務先を辞めて家にいるようになってから、更に読書のペースが落ちました。
時間があるから本を読むとは限らない、とつくづく思います。

でも、再び働き始めたのを機に、節約も兼ねて携帯のパケ放題プランをやめて、携帯でネットするのを禁止し、通勤途中に本を読むようにしたら、読書のペースが速くなった、というわけです。
家には買ったものの未読の幕末本が文字通り山積みされているので(汗)、当分読む本には困りません。
また、勤務先の近所に区立図書館があるので、近々行ってみるつもりです。


昨年末から今年の頭にかけて『幕末ニッポン』展で楽しませていただいた、渋谷のたばこと塩の博物館で今週の土曜日(12月13日)から『おらんだの楽しみ方 江戸の舶来文物と蔫録(えんろく)』展が開かれます。
和蘭へのモチベーションを上げて、和蘭旅行記の執筆へのエネルギーにすべく、初日に見に行くつもりです。

以上、近況報告でした☆
  • [No Tag]

*Comment

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://regimenth.blog55.fc2.com/tb.php/257-5f89a5f7

ご案内

プロフィール

まやこ

Author:まやこ
2月27日生まれのうお座・AB型

舞台や展覧会を観るのが好きで、仏蘭西と西洋史をこよなく愛する歴女です。(や○い・BLは好きではないので、腐女子ではないようです(笑)

2006年の元旦に「新選組!!土方歳三最期の一日」を見たのがきっかけで新選組副長、土方歳三のファンになり、幕末の世界に足を踏み入れ、全身どっぷり漬かっています。
土方歳三だけでなく、榎本釜次郎武揚、小栗上野介忠順、中島三郎助も贔屓にしています。
彼らの足跡を追って、山の奥や海の彼方にも行きました。

ブログのタイトルは仏蘭西語です。意味と由来はこちらをご覧ください。

もし記事の内容に間違いを見つけましたら、鍵付コメントか下のメールフォームにてご指摘ください。
本文に全く関係のないコメント・トラバは見つけ次第即削除します。
WEB拍手のコメント返しは、拍手をいただいた記事につけます。

結婚に伴い、長年住んでいた武州多摩郡某村(甲州道中沿い)から武州久良岐郡(横浜市南部)に引っ越したが、2014年6月に夫の仕事の都合で台湾南部の高雄市に住むことになりました。

ブログランキングに参加中!

↓一日一押しお願いします♪

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

日々のつぶやき

最近の記事

月別アーカイブ

西暦をクリックすると、その年の月別リストが表示されます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。