Le régiment H ─ル・レジマン・アッシュ─

台湾・高雄市から土方歳三と榎本武揚を想いつつ、幕末と江戸時代ににまつわる話題を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

和蘭旅行記 2008年9月13日(土) 其ノ壱

お待たせしました。オランダ旅行詳細レポの連載開始です。
旅のリアルタイムレポは主に日常の覚え書ブログに載せてきましたが、日常の覚え書で使用しているブログサービスは一つの記事に2枚しか画像をアップできないので、詳細レポは画像をたくさんアップできる「Le regiment H」に書くことにしました。
幕末のオランダ留学生ゆかりの地だけでなく、わたしが行った場所をくまなく紹介するつもりです。
また、オランダでの旅行情報・食事・ホテル・交通事情なども書きますので、しばらく幕末ブログではなくなりますが、その辺りをご理解いただき、楽しんで読んでいただければ幸いです。
それから、例によって書いていくうちに長くなりそうです。
息切れしないように、がんばります(笑)

9月13日(土) 成田→オランダ・スキポール空港→ハーグ

わたしは武州多摩郡在なので、海外に行くのに成田空港を利用します。
過去の渡欧では、成田エクスプレス、京成スカイライナー、新宿からリムジンバスで成田に行きましたが、今回は経費節約のために日暮里駅から成田空港行きの京成特急に乗りました。
スカイライナーと所要時間が15分しか変わらない上、特急料金不要で一番安上がりだからです。

日暮里駅には幕末ファンの知人のHさんが見送りに来てくれて「人物列伝幕末人物史」を貸してくれました。
車内にはわたしと同じように成田に行く大荷物を持った人たちがたくさん乗っていました(座れましたが…)。
わたしはバックパックに近い形状の大型ソフトキャリーケース、機内持ち込み用のナップザック、パスポートや現金の入った小型ショルダーを斜めがけというスタイルです。

オランダにKLMオランダ航空の直行便で行くので、KLMが発着する第一ターミナルの下の成田空港駅で降りました。日暮里駅から約1時間15分かかりました。
成田の第二ターミナルは何度か利用したことがありますが、第一ターミナルを出発の時に利用するのは初めてなのと、3年ぶりに海外脱出する高揚感でターミナルの広いフロアを見てワクワクしました。
やはり羽田とは違う、世界中の国々の人が行きかう空気が流れています。

KLMの成田~アムステルダム(スキポール空港)往復のチケットは、KLMの公式サイトで直接予約しました。
いわゆるペーパーレスチケットだったので、予約番号と航空券番号を控えていれば、旅行中航空券を持ち歩く必要はありませんでした。
これまでの渡欧では航空券をホテルのセイフティボックスやフロントに預けるのが面倒だったので、その手間が省けて本当に楽でした。わたしは予約番号と航空券番号が明記されたKLMからの予約完了メールをプリントアウトして持ち歩いていました。
また、KLMの公式サイトから搭乗時間30時間前からインターネットチェックインできるので、前日にチェックインを済ませておきました。この時に搭乗券をプリントアウトして、空港に持参しました。
成田空港のKLMの自動チェックイン機にはかなり人が並んでいたので、事前にインターネットチェックインして正解でした。
キャリーケースを預けて身軽になってから、すぐにセキュリティチェック&手荷物検査、出国検査を済ませました。

ご存知の方も多いでしょうが、国際線の航空機内への液体物の持込が厳しく制限されています。
化粧品ではマスカラ・グロスもダメだそうです。
わたしはその手の化粧品は一切使わないので、機内持ち込み用にトラベルサイズの基礎化粧品と歯磨き粉のみ透明なビニールケースに入れました。
わたしの前に並んでいた外国人の女性は、係員にメイクポーチを開けさせられてチェックさせられていました。

出国手続き後、出国手続き後のエリアにある銀行で現金をユーロに両替しました。1ユーロ=156円でした。
一時期、1ユーロが170円前後だったのを思えば、ユーロの急落は旅行者にとってありがたかったでです。
銀行はすいてましたが、出国手続き前のエリアにある銀行よりレートがよくありませんでした。
成田空港内で一番両替のレートがいいのは、京成電鉄や成田エクスプレスの駅のある地下1階にある「旅るーむ」です。ここでは1ユーロ=154円でした。

両替を済ませてから、朝ごはんをごく簡単にしか食べていないので、うどんでも食べたいと思い、銀行の近くの小さなレストランを覗いてみました、うどんが1000円もしました。
こんなに高いうどんは食べる気がしなかったので、以前から気になっていたリフレッシュルームでシャワーを浴びました。(30分500円)
朝から蒸し暑い中、大きな荷物を成田まで運んで体が汗ばんでいたので、シャワーでさっぱりできました。
それから、インターネットアクセスコーナーでブログに見送りのコメントをくれた皆さんにコメント返ししました。
でも、第一ターミナルには第二ターミナルのように利用料金無料のYahoo!Cafeがないのが痛いです。

それからKLMの搭乗口近くの待合室に行きました。
出発時間が午前11時40分なので、20分前に搭乗開始のはずが、なかなか搭乗が始まりません。
わたしはどうも微妙に飛行機運が悪いようで(詳しく書くと長くなるのでここでは割愛)、今回は機材の到着遅れで出発が1時間近く遅れました。
でも、上空で飛ばしたのか、スキポール空港には定刻(現地時間午後4時20分)に到着しました(笑)

ここで、わたしの旅の相方を紹介します。
井上トロニャ。よろしくニャ☆
「どこでもいっしょ」の井上トロです。
3年前の渡仏や、箱館、會津への旅にも一緒に行きました。
わたしの代理としてたびたび登場しますので、よろしくお願いします
トロの後ろに写っているのは、わたしが乗ったKLM機です。

これまでの渡欧ではいつも窓際の席を予約しましたが、今回は初めて通路側の席を予約しました。
通路側の席は通路に出るのに気兼ねがいらないのが良かったです。
エコノミー症候群対策として、こまめに水分を取って(KLMの乗務員も頻繁にドリンクを配っていました)トイレに行ったり(笑)、通路を歩き回ったり、空いているスペースで簡単なヨガのポーズを取って体をほぐしました。
わたしの隣の席(中央)、その隣り(窓際)の席の人も一人旅らしい日本人女性だったので気が楽でした。

一回目の機内食は和食(かぼちゃの牛肉そぼろあんかけ、海鮮サラダ、魚のフライ)を選んでみました。
飲み物はもちろんハイネケンです♪
250ml缶のハイネケンは初めて見ました。
行きの飛行機の機内食(1回目)
わたしと同じ列の人は乳製品アレルギーだそうで、乳製品カットの機内食をあらかじめリクエストされていましたが、ヨーロッパに行くのに大丈夫なのか?と思いました。

KLMの面白いところは一回目と二回目の機内食の間に軽食としてカップラーメンかアイスが配られます。
そのためか、二回目の機内食は日系の航空会社の欧州便に比べると軽めでした。
日本→アムス便はカップラーメンはミニサイズ、アムス→日本便では普通サイズでした。
行きの便ではカップラーメンだけなく、アイスも余っていたので頂いて食べました(笑)

わたしは海外行きの飛行機で眠れないのですが、今回も前夜の寝不足にも関わらず眠れませんでした。(隣りの席の人たちは寝てるのに…)
Hさんが貸してくれた「人物列伝幕末人物史」を読んだり、知人が貸してくれた「幕末オランダ留学生」を読了したり、手持ちのメモ帳にイラストを落書きして気をまぎらわせていました。

長いので「和蘭旅行 2008年9月13日(土) 其ノ弐」に続きます。
  • [No Tag]

*Comment

成田のうどん 

まやこさんこんばんは。
こちらにコメント書かせていただくのは初めてです。
緊張します。

実は1タミ(第一ターミナル)ばかり使っている
ダックですすが、安いうどんのお店ありますよ。
私とJさんはいつも利用しています。
確か第1ターミナル中央5Fのウィリアムズという
カウンターセルフサービスのお店です。
1000円のうどんとはレベルが違うかもしれませんが、
結構普通に美味しくリーズナブルなので、
いつも旅行前にはここでうどんを食べてます。
昨年ベルギーに行った際は、
1タミにスープストックトーキョーが出来ていたので、
そこでスープを食すと、機内食に影響無く
いい感じに出発できることも発見しました。

それから私は絶対飛行機の座席は通路側です。
好きなように移動出来ますからね。
私は飛行機や乗り物であまり寝ない性質なので、
時々ギャレーにオヤツやドリンクを
貰いに行きます(笑)

井上トロさんもオメカシしておりますね~。
  • ダック 
  • URL 
  • 2008年09月29日 21時06分 
  • [編集]

 

>ダックさん
こちらでは初めまして!
緊張することなんてありませんよ~

第一ターミナルの「ウィリアムズ」も「スープストックトーキョー」も出国手続き前のエリアにあるんですよね。
わたしは出国手続きを済ませてから、食べようと思ったんですが、今考えたら、荷物を預けた後、出国手続きする前に食べればよかったですね(苦笑)
常にお菓子を持って歩いていたので、全くおなかをすかせることはありませんでしたが…

この井上トロは実家にいる子(実は実家とわたしの家に何匹もいるんですw)で、伯母が作ってくれた衣装を何着も持ってます。
半そでの服を着せていきましたが、オランダでは寒々しく見えたので、冬服を着せればよかったと思いました(苦笑)
  • まやこ 
  • URL 
  • 2008年09月29日 21時53分 
  • [編集]

勉強になりました 

まやこさん おはようございます。

いざ! という雰囲気が 詳細な道中紹介からつたわり、こちらまで「朝のパソコンラック」の前でワクワク感に浸らせていただきました。
関東のことはぜんぜんわかりませんので、成田に着くまでの記録も、空港、飛行機内の記録もとても勉強になりました。
さっそくKLMのサイトを見に行ったりしております。
井上トロ君(さん?)の左胸のブローチみたいなのが「何なのか?」気になったりしています(食いつくトコが違うだろ!←ひとりツッコミ)
  • くぼひさじ 
  • URL 
  • 2008年10月11日 06時26分 
  • [編集]

 

>くぼひさじさん
初めまして。
この度はコメントをありがとうございます。

わたしは頻繁に海外に行けないので(海外には3年ぶりに行きました)、成田に行く道中から気合が入っていました。
トロは、この先のレポにたびたび登場しますので、癒されてください(笑)
  • まやこ 
  • URL 
  • 2008年10月11日 17時31分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://regimenth.blog55.fc2.com/tb.php/238-ccbd1cca

ご案内

プロフィール

まやこ

Author:まやこ
2月27日生まれのうお座・AB型

舞台や展覧会を観るのが好きで、仏蘭西と西洋史をこよなく愛する歴女です。(や○い・BLは好きではないので、腐女子ではないようです(笑)

2006年の元旦に「新選組!!土方歳三最期の一日」を見たのがきっかけで新選組副長、土方歳三のファンになり、幕末の世界に足を踏み入れ、全身どっぷり漬かっています。
土方歳三だけでなく、榎本釜次郎武揚、小栗上野介忠順、中島三郎助も贔屓にしています。
彼らの足跡を追って、山の奥や海の彼方にも行きました。

ブログのタイトルは仏蘭西語です。意味と由来はこちらをご覧ください。

もし記事の内容に間違いを見つけましたら、鍵付コメントか下のメールフォームにてご指摘ください。
本文に全く関係のないコメント・トラバは見つけ次第即削除します。
WEB拍手のコメント返しは、拍手をいただいた記事につけます。

結婚に伴い、長年住んでいた武州多摩郡某村(甲州道中沿い)から武州久良岐郡(横浜市南部)に引っ越したが、2014年6月に夫の仕事の都合で台湾南部の高雄市に住むことになりました。

ブログランキングに参加中!

↓一日一押しお願いします♪

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

日々のつぶやき

最近の記事

月別アーカイブ

西暦をクリックすると、その年の月別リストが表示されます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。