Le régiment H ─ル・レジマン・アッシュ─

台湾・高雄市から土方歳三と榎本武揚を想いつつ、幕末と江戸時代ににまつわる話題を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

箱館に行きます

7月14日(金)~16日(日)にかけて、箱館(函館)に一人旅することにしました。
目的はもちろん歳さんのゆかりの地巡りです。
函館だけでなく、北海道に行くのは初めてです。わたしは日本国内では仙台までしか北に行ったことがありません。
しかも、観劇が目的に入っていない旅行は本当に久しぶりです。
何しろ、学生時代から旅行イコール旅先で何か舞台を観ることだったので…
(日常の覚え書ブログをご覧いただければおわかりでしょうが、わたしは舞台を観るのが長年の趣味の一つです)
でも、今回も五稜郭で開催される野外劇を見るつもりなので、結局観劇とは離れられないです(笑)




函館だけでなく、復元された開陽丸が係留されている江差にも行こうと目論んでいます。
車が運転できないので、電車か路線バスで行くつもりですが、電車もバスも本数が少なく、いまいちスケジュールが上手く組み立てられません。

それで「函館バス」のサイトで『道南史蹟めぐり』という定期観光バスを見つけました。
函館~トラピスト修道院~福島(青函トンネル記念館)~松前(松前城・松前藩屋敷、ここで昼食)~江差(中村家・江差追分会館、オプションで開陽丸見学)~函館というルートです。
交通費・昼食代・入場料込みで5700円とお手ごろで(ちなみに函館~江差間は電車・バスとも片道1800円ぐらいです)、ヨーロッパ旅行でも見学したことがない修道院や、歳さんが戦った松前に行けるのは魅力的だなと思いました。
しかも9:15函館駅前出発~18:15函館駅前着というスケジュールなので、個人で電車やバスを使って行くより、効率の良い回り方ができます。
でも、この手のツアーは見学時間が少ないんですよね…

4年前にフランス・イタリアを1ヶ月弱一人旅して、途中、定期観光バスに乗りました。(ツアー参加客はカップルばかりでした(爆)
フィレンツェ~サン・ジミニャーノ~シエナ~ローマというルートでしたが、見学時間があまりにも少ないのにガックリしました。
シエナのドゥオーモ(大聖堂)は個人で見に行ってたら隅から隅までじっくり見るところですが、ツアーだとさっくり流しただけでした。それが歴史オタク(笑)のわたしにはとても歯がゆかったです。

なので『道南史蹟めぐり』で、一番見たい開陽丸の見学時間が少なかったらどうしよう…と思うわけです。
昨日、わたしが購入した函館のガイドブック(歳さんのゆかりの地の紹介ページあり)には、開陽丸の見学所要時間は20分とありましたが、わたしはもっと時間をかけて見てみたいです。
函館バスに直接問い合わせればいいのでしょうが、『道南史蹟めぐり』の観光バスに乗ったことがある方、または電車や路線バスを使って、開陽丸目当てで江差に行かれた方の情報をお待ちしています。

それから、夜の函館で女一人でも気軽に美味しいご飯を食べられるお店の情報を求めています。
国内海外問わず、一人旅で困るのは夕食です。
勤務先で一人でランチするので、一人で食べることには抵抗はないんですが、見知らぬ街で夜、女一人が気軽に入れる店を探すのは至難の業です。
14日の夜は五稜郭で野外劇を観るので五稜郭周辺、15日の夜は函館駅周辺でそういう店をご存知でしたら、ぜひコメントをお寄せください。
お待ちしています~
  • [No Tag]

*Comment

 

お久し振りです、まやこさんv
函館の野外劇見に行かれるんですか!羨ましいですv
開陽丸20分はたぶんキツイですね~汗。
船内では、開陽丸の発注~沈没までをザァッと学べる映像が見られるんですが、それが意外に長くて途中で見るのをやめて、焦って他のものを見て回った覚えがあります。
ハンモック体験や艦砲射撃体験(?)なんかもありますよ~。入った際には、ぜひ甲板に上ってきてください☆「私は今開陽丸に乗っている!」という感動が味わえると思います。笑
  • あるゆ 
  • URL 
  • 2006年07月01日 19時41分 
  • [編集]

 

函館ニアミス、のままこっちです(爆)
私も、この週末が勝負とばかりに調べものに追い込みをかけています!来週は仕事がパンパンで、blogの管理もどうか。。なので。。
開陽丸20分は確かに少ないかも!!我が家は、バスとは逆回り、最初に二股口→厚沢部(舘城跡、行けるかな)→江差→松前→木古内→上磯→函館、と回る予定でいます。朝8時過ぎに出るつもりです(レンタカー)
食事どころ情報、私も提供できればよいのですが、友人にまやこさん宅に書き込んでもらうように依頼してみますね。
  • ままこっち 
  • URL 
  • 2006年07月01日 19時52分 
  • [編集]

 

まやこさん、初めまして。
ままこっちさん宅からやって参りました。
夜に1人メシが出来てしかも美味しい店…となると、なかなか難しいですが…この2店なら、オススメ出来るかな。

カーサ・ディ・アッソ(五稜郭周辺)
http://www.italia.arut.net/italian/baaab.html
ハルジョオン・ヒメジョオン(駅前周辺)
http://www8.plala.or.jp/leaves/frameset2.html
  • まきこ 
  • URL 
  • 2006年07月01日 22時17分 
  • [編集]

 

>あるゆさん
お久しぶりです。
函館の野外劇は旅行の日程と重なったので観ることにしました。
舞台観劇歴は長いんですが(かれこれ10数年)、野外劇を観るのは初めてなので楽しみです。
開陽丸の見学時間20分はきついですか…
バスツアーでの江差での滞在時間は、ルートを見る限りではそれほど時間はなさそうなので、やはり自力で江差に行って、開陽丸に乗り込む方が良さそうですね。
開陽丸を見ただけで涙腺がゆるみそうです。
ここで申し出るのもなんですが、あるゆさんの本サイトをこのブログの「ブックマーク」に加えてもいいでしょうか?
>ままこっちさん
函館ではニアミスなんですよね~(残念)
蝦夷地の旅はレンタカーが便利そうですね。
公共の交通手段と違って、車はあちこちに立ち寄れるフットワークの軽さが魅力的に映ります。
わたしは海外(ヨーロッパ)で、本来なら車で行く、マニアックな歴史スポットに公共の交通手段を使って行ったことが何度かありますが、やはり車で行った方が楽だな…と実感しました。
食事どころ情報、他力本願で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
  • まやこ 
  • URL 
  • 2006年07月01日 22時45分 
  • [編集]

 

>まきこさん
「レジマン・アッシュ」へようこそ!
まきこさんのお名前はままこっちさんのブログで存じています。
以前、開設されていたブログも密かに拝見していました。
函館で夜、女一人が美味しいご飯を食べられるお店を教えていただき、本当にありがとうございます!
ぜひ行ってみようと思います。
このブログは骨の髄まで仏蘭西かぶれの歳さんファンビギナーが気のおもむくままに書いてますが、これからもご覧いただけるとうれしいです。
  • まやこ 
  • URL 
  • 2006年07月01日 22時58分 
  • [編集]

 

どうもこんにちは。こちらでは初めまして。
アナクロの空です。先日はお世話になりました。
さて、箱館に一人旅で行かれるようで。
なかなか出来そうで出来ない事ですよね、すごい!
フランスにも一人旅とは。。。小心な私には無理です(笑)
私はツアーではなく、飛行機の行き帰りのパックだけを
旅行会社で買って、あとはフリーというもので動いていました。
開陽艦ですが、私は鈍行の電車で行きました。
函館駅から江差駅までたしか2時間半ぐらいかかったような。
(私のサイトのヘボ絵日記にも江差旅行があります^^)
確かに本数が少ないので、しっかり時間を調べてからでないと
最悪タクシーになりかねませんのでご注意です。
路線の検索サイトなどもあちこちありますので、そちらを
活用されると良いと思いますよ。
江差駅から開陽まで結構歩きました。
まぁ道に迷いながら、というのもありましたが;
見学時間は皆さんがおっしゃるとおり、20分じゃ短いと思いますね。。。
ファンにとっては見所満載です!
海律全書なども置いてあります。
本物かどうか確かめてくれると嬉しいな~とか思ったり…(笑)
(見てくるのをわすれた奴)
甲板にも出られますし、大砲の弾にも触れます。
開陽がある場所は、実際沈んだ場所ではないようで、
沈没場所は開陽からほど近かったような、、、私は行きませんでしたが
お時間に余裕があるなら行ってみてもいいかもしれません。
こんな感じですが少しでも参考になればなと思います。
それにしても、いいな~箱館。。。!
今年も五稜郭祭りに行こうと思ったのですが、結局かなわず。
また絶対行きたい場所です。
楽しんで来てくださいね!
追伸:ブクマありがとうございました!
  • 空 
  • URL 
  • 2006年07月02日 21時15分 
  • [編集]

 

ブクマに私のサイトを??ひゃあ!∑( ̄口 ̄*
むしろ私がいいんですか!?と聞いてしまいます。笑
全然OKですよ!
私も9月にまた箱館行くんですよーv
初めての箱館旅行、楽しんできてくださいね^^
  • あるゆ 
  • URL 
  • 2006年07月02日 21時44分 
  • [編集]

 

>空さん
こちらでは初めまして。
ブックマークの報告が遅れてしまい、申し訳ありりません。
こんなブログですが、これからもよろしくお願いします。
わたしは国内・海外旅行共、一人旅が多いです。
わたしの旅は史跡めぐりや観劇がメインなんですが、身近に同じ趣味の友人がいないので、どうしても一人で旅することになります。
昨年の9月にもフランスに行きましたが、その時も一人旅でした。
一人旅は不便な点もありますが、ホテルで誰にも気兼ねなくくつろげるのが良いです(笑)
空さんのサイトの江差旅行記は拝見しています(^^)
旅行記を拝見して、わたしもこの目で開陽丸を見たいと思いました。
今回の箱館行きは旅行会社の航空券+ホテルのパックはハイシーズンのためか意外に高かったので、航空券をある割引で買い、ホテルはWEBで予約しました。
函館~江差は電車・バスの時刻表を照らし合わせた結果、行きは電車、帰りはバスにしました。
江差での滞在時間が5時間ぐらいになりそうなので、開陽丸が沈没した場所にも行けたら行ってみたいです。
釜さんの「海律全書」が本物かどうか、確かめますね!
>あるゆさん
早速あるゆさんのサイトをブックマークに加えました。
これからもよろしくお願いします~
史跡めぐりが目当てで、泊りがけで国内旅行するのは多分初めてなので(これまで観劇旅行ばかりだったんです・(笑)、初めての箱館を楽しんできますね。
※引き続き、箱館情報をお待ちしています~♪
  • まやこ 
  • URL 
  • 2006年07月03日 00時07分 
  • [編集]

 

まやこさん、こんばんは。
私のブログも読んでくださっていたとのこと、ありがとうございます!
前回、「食事のメニューが少ないから、どうかな?」と思って書かなかったのですが、五稜郭公園裏にあるこのカフェも、ご参考までに…。
SCORE(スコア)
http://www.score20.net/
  • まきこ 
  • URL 
  • 2006年07月04日 20時37分 
  • [編集]

 

>まきこさん
箱館のカフェをご紹介いただき、ありがとうございます。
居心地の良さそうなカフェですね。
カフェと言えば、五稜郭公園近くの「六花亭」の喫茶コーナーも気になります。
武州では六花亭のスイーツは蝦夷地土産の定番なので、お店で食べられるのは魅力的です。
でも「SCORE」にも行ってみたいので、迷います。
  • まやこ 
  • URL 
  • 2006年07月04日 22時17分 
  • [編集]

 

こんにちは。
この後記事を書きますが、
五稜郭近くの「麺厨房あじさい」の塩ラーメンが激ウマでした。
女性1人でも大丈夫ですよ。
http://www.ajisai.tv/
  • ふらり 
  • URL 
  • 2006年07月05日 04時02分 
  • [編集]

 

>ふらりさん
初めまして。
函館のラーメン屋をご紹介いただき、ありがとうございます。
わたしは一人でラーメン屋に入れる女なので、函館で食べたいものがまた一つ増えました。
函館では史跡めぐりがメインのはずでしたが、食い倒れ旅行になりそうです(笑)
  • まやこ 
  • URL 
  • 2006年07月05日 22時18分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://regimenth.blog55.fc2.com/tb.php/23-e5443a5e

ご案内

プロフィール

まやこ

Author:まやこ
2月27日生まれのうお座・AB型

舞台や展覧会を観るのが好きで、仏蘭西と西洋史をこよなく愛する歴女です。(や○い・BLは好きではないので、腐女子ではないようです(笑)

2006年の元旦に「新選組!!土方歳三最期の一日」を見たのがきっかけで新選組副長、土方歳三のファンになり、幕末の世界に足を踏み入れ、全身どっぷり漬かっています。
土方歳三だけでなく、榎本釜次郎武揚、小栗上野介忠順、中島三郎助も贔屓にしています。
彼らの足跡を追って、山の奥や海の彼方にも行きました。

ブログのタイトルは仏蘭西語です。意味と由来はこちらをご覧ください。

もし記事の内容に間違いを見つけましたら、鍵付コメントか下のメールフォームにてご指摘ください。
本文に全く関係のないコメント・トラバは見つけ次第即削除します。
WEB拍手のコメント返しは、拍手をいただいた記事につけます。

結婚に伴い、長年住んでいた武州多摩郡某村(甲州道中沿い)から武州久良岐郡(横浜市南部)に引っ越したが、2014年6月に夫の仕事の都合で台湾南部の高雄市に住むことになりました。

ブログランキングに参加中!

↓一日一押しお願いします♪

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

日々のつぶやき

最近の記事

月別アーカイブ

西暦をクリックすると、その年の月別リストが表示されます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。