Le régiment H ─ル・レジマン・アッシュ─

台湾・高雄市から土方歳三と榎本武揚を想いつつ、幕末と江戸時代ににまつわる話題を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

5月はやっぱり日野巡り

今日は久しぶりにオードソックスに日野宿巡りしてきました。
日野宿に点在する資料館でこの時期にしか公開されない品々があったからです。
でも、天気はあいにくの雨模様でした。
2年前のこの時期に日野宿巡りをした時も雨でした。
新選組ファンにとてつもなく強力な雨男か雨女がいるとしか思えません(苦笑)

遅くまで出歩いて疲れたので、箇条書きでいきます。


◇約2年ぶりに、宝泉寺の井上源三郎(以下「源さん」のお墓参りをしました。
わたしがお参りした時は誰もいませんでした。
甥の泰助が源さんの首を埋葬した場所が確定してよかったですね…と墓前で手を合わせました。
歳さん同様、源さんの魂はすでに故郷に帰ってきているとわたしは思っています。
お寺の脇の林の緑が目に鮮やかで心が癒されました。

◇井上源三郎資料館
最近見つかったという60歳の時の井上泰助の写真が公開されているというので、こちらも約2年ぶりに訪問しました。
70歳の時の温和な表情を浮かべた肖像画に比べると、表情が遥かに鋭く、一本筋が通った印象を受けました。
源さん資料館は井上家の方がアットホームに応対してくれるのがうれしいです。
雨で冷えた体に頂いた温かいお茶が美味しく感じられました。

◇佐藤彦五郎新選組資料館
この時期にしか公開されない、市村鉄之助が持ち帰った歳さんの写真と、京都で撮影した勇さんの写真を見るために、丸1年ぶりに訪問しました。
佐藤家所蔵の歳さん、勇さんの写真は、他に現存している二人の写真の中で一番保存状態がいいと、今日じっくり見て改めて実感しました。
佐藤家でいかに大切に保管されているかわかります。
また、見学中に知り合いが偶然いらしてちょっとビックリしました。
(Kさん、営業活動お疲れ様です…)

◇日野宿本陣
久しぶりに中に入って見学しました。
ここは実際に歳さんが出入りした空間として、わたしの好きな幕末ゆかりの地ベスト3に入るところです。
日野宿本陣文書検討会で顔なじみのガイドさんの話を聞きました。
でも、話のはじめは初心者向けなのでスルーさせていただきました。申し訳ありません。
今日はさすがに見学者が多く落ち着かなかったので、次は閑散期に見学したいです。
(見学者が少ない時、ここで本を読む人がいるとか…)

◇日野市立新選組のふるさと歴史館特別展「新選組 戊辰戦争のなかで」
2月に行った時はかなり辛口な感想を書きましたが、3月末に展示がかなり入れ替わったので、見に行きました。
後期の展示品には函館博物館蔵の箱館戦争に関する資料や、高幡不動尊所蔵の榎本釜さんの手紙があり、個人的には前回よりは見てよかったと思いました。
歴史館前のバス停に、高幡不動駅行きのバスが来るまでの時間つぶしに、全然イケてない歳さんのイラストに塗り絵しました(笑)(歴史館で塗り絵コンテストをやっているのです)
意外にハマってしまい、一時期大人の塗り絵がブームになったのが分かる気がしました。

◇最後は、高幡不動で某SNSの幕末コミュのオフ会に参加しました。
幕末もしくは新選組ファンの集まりには何度か参加したことがありますが、女性より男性の方が人数が多い(しかも20~30代の男性)幕末ファンのオフ会は初めてでした。
このブログをご覧いただければお分かりになりますが、かなり頻繁に幕末関連のイベントや講演会に参加してきましたが、20~30代の男性を見かけることが少なかったので、わたしと年の近い男性の幕末ファンの方とお話できたのはとても新鮮でした。
わたしと話をした方は、わたしをマニアックな幕末ファンだと思ったに違いありません。
また、このコミュのオフ会に参加したいです!

明日は2年ぶりに歳三忌に行きます…
  • [No Tag]

*Comment

こんばんは! 

まやこさん、お久しぶりです。
ググっていたらこちらがヒットしました。せっかくですのでまたコメントさせて頂きますね。

いやぁ~刻銘に記録されていますね。
当日、俺は10日~11日は新選組まつりで神輿や地域の行事やらで何かと活動していましたので、様子がわかりませんでした。
こちらのブログを見て、へぇ~~って思いました(笑)様子が詳しく知る事ができてとても嬉しいです。ありがとうございます。

確かに天候がいまいちでしたね。
でも、日野は雨祭りで有名なんです。毎年9月の八坂神社祭礼では必ず雨が降りますし、ですから雨男,雨女は関係ないと思いますよ(苦笑)
すでにご存知かもしれませんが、その理由は八坂神社の神様がスサノオウノミコトであり、水の神様だからだと言われています。また、一説によるとご神体が多摩川から流れてきたからだ。とか、いろいろな言い伝えが日野にはありますんで。

長々と失礼しました。
また、記事を読ませて頂きますね。

 

>BlueKingさん
お久しぶりです&レスが遅くなってしまい申し訳ありません。

毎年9月の八坂神社の祭礼に必ず雨が降るとは聞いてましたが、ひの新選組まつりも雨祭りなのですか!
日野在住の知人(このブログからリンクしている「日野宿本陣文書検討会」の方です)も、ひの新選組まつりは二年に一度は雨が降ると仰ってましたが…

わたしが住んでいるのも、甲州道中沿いの町ですが、宿場町でなかったせいか、日野のように古い言い伝えをあまり聞かないのが残念です。
(単にわたしが知らないだけかもしれませんが…)

今後も日野のことは折に触れて書くつもりなので、これからもこのブログをよろしくお願いしますv-410
  • まやこ 
  • URL 
  • 2008年06月04日 21時06分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://regimenth.blog55.fc2.com/tb.php/215-da76d836

ご案内

プロフィール

まやこ

Author:まやこ
2月27日生まれのうお座・AB型

舞台や展覧会を観るのが好きで、仏蘭西と西洋史をこよなく愛する歴女です。(や○い・BLは好きではないので、腐女子ではないようです(笑)

2006年の元旦に「新選組!!土方歳三最期の一日」を見たのがきっかけで新選組副長、土方歳三のファンになり、幕末の世界に足を踏み入れ、全身どっぷり漬かっています。
土方歳三だけでなく、榎本釜次郎武揚、小栗上野介忠順、中島三郎助も贔屓にしています。
彼らの足跡を追って、山の奥や海の彼方にも行きました。

ブログのタイトルは仏蘭西語です。意味と由来はこちらをご覧ください。

もし記事の内容に間違いを見つけましたら、鍵付コメントか下のメールフォームにてご指摘ください。
本文に全く関係のないコメント・トラバは見つけ次第即削除します。
WEB拍手のコメント返しは、拍手をいただいた記事につけます。

結婚に伴い、長年住んでいた武州多摩郡某村(甲州道中沿い)から武州久良岐郡(横浜市南部)に引っ越したが、2014年6月に夫の仕事の都合で台湾南部の高雄市に住むことになりました。

ブログランキングに参加中!

↓一日一押しお願いします♪

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

日々のつぶやき

最近の記事

月別アーカイブ

西暦をクリックすると、その年の月別リストが表示されます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。