Le régiment H ─ル・レジマン・アッシュ─

台湾・高雄市から土方歳三と榎本武揚を想いつつ、幕末と江戸時代ににまつわる話題を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

基本に帰って

20071111172517
久しぶり(5ヶ月ぶり)に高幡に行きました。
「新選組を語る会」の催しの一環の、お不動さんの境内見学会と伊東成郎氏の講演会に参加してきました。
講演はわたしは興味深く聴きました。

この先はPCから書いています。

このところ、日野宿本陣文書検討会主催の旧富澤家での「旅硯九重日記」を読む会を別にして、新選組とほとんど(もしくは全く)関係ない幕末がらみの催しに行っていたので、純粋に新選組な催しに行くのはちょっと久しぶりでした。

前回、6月に高幡不動尊に行った時はあじさい祭りの真っ最中でしたが、今は菊まつりが開催されていて、七五三のお参りに来ている家族連れで賑わっていました。
菊まつりでは昨年のように新選組隊士の菊人形はありませんでした。(日野宿本陣の前には飾ってあるらしいですが…)
境内の木々も少し色づいていました。
上にアップした写真では少々見づらいですが、歳さんの立像の前にある木も紅葉していました。

境内説明会では、山門・歳さんの立像・殉節両雄の碑(顕彰碑)・奥殿・大日堂の前で日野市新選組ガイドの会の方による説明を聞きました。
何度も行っている場所ですが、ガイド付きで見るのは初めてだったので、ちょっとだけ新鮮でした。

境内説明会の後、本堂と奥殿にお参りしてから「あんず村」でお昼を食べました。
お不動さんの賑わいが嘘のような、ゆったりとして落ち着いた空間です。
ここは洋食メニューが充実していますが、わたしはいつも「どんすぱ」(どんぶりに入ったスープスパゲティ)を注文します。
紅茶は3~4杯飲めるほどティーポットに入っているので、たっぷり飲めます(笑)
「あんず村」はいかにも新選組ファンな人を見かけないのが良いです。

「あんず村」でまったりしていたら、講演会場に行くのがギリギリになってしまい、会場で空いている席を探すのに手惑いました。

伊東成郎氏の講演会の演目は「新選組と出会った女性たち」でした。
このブログには書いていませんが、9月に催された佐藤彦五郎忌の講演会で伊東氏の話を伺いました。
この時は新選組…というより「土方歳三と出会った女性たち」についての話でしたが、時間の都合で詳しくは話されなかったので、今日の講演会はぜひ聴きたいと思い、聴講した次第です。
また、佐藤彦五郎忌の講演会でお話された方の中で、伊東氏が一番、史料を地道に探して、新事実とまでいかなくても、これまであまり知られなかった事柄を掘り起こしたり、探し出した資料によって、本当にあった事柄(出来事)かどうか裏付を取るのに熱心とだと思いました。
なので「新選組と出会った女性たち」ではわたしがこれまで聞いたことがない話が聞けると、期待しました。
講演会の具体的な内容は、伊東氏がWEB上に流さないでほしいと言われたことが多いので、ここには書きません。
ただ、昔は壬生寺の近くにああいうものがあったとは知らなかった、とだけ申し上げておきます。(意味不明ですみません)
わたしは、今回の伊東氏の講演は興味深く聴けましたが、そうでない方もいるようです。

講演会の後は、五重塔の下のホールで「第20回全国刀道大会・古武道大会」が催されていたので、そちらも見学しました。
初めて、薩摩の自顕流の演武を見ましたが、ひたすら敵を倒すのみの剣術、という印象を受けました。
はっきり言えば、技が非常にやぼったく見えました(爆)
新選組は洛中では薩摩藩士に手が出せなかったそうですが、「一撃必殺」な技を繰り出す薩摩藩士と対峙したら、実践的と言われる天然理心流を体得していても、ひとたまりなさそうです。
自顕流の後で天然理心流の演武を見たら、天然理心流が上品に見えました…

高幡詣での最後は久しぶりに「Fujiu」のケーキで締めくくりました(笑)
「Fujiu」というチョコレートケーキを食べてみました。
チョコレートケーキ好きにはたまらない美味しさでした
  • [No Tag]

*Comment

例会振替 

新選組子孫の会、終日参加ご苦労さまでした。

伊東氏の講演、満席で座れない人が出る程?!時間も押しましたが良かったです。華やかな七五三の人々を見守る歳三像にも黄菊が飾られていましたが、牛額草の花は既に刈られておりました(汗)

23日夕刻の参道、五重塔での万燈會も幻想的で楽しみな行事です。

 

>munnさん
今回の「新選組を語る会」には予想以上の人が来ていたようですね。
わたしが受付してもらった時には講演の参考資料がなくなっていて、追加でコピーしてもらった分をもらいました。
伊東氏の講演会は聴き応えがあったと思います。

高幡不動の萬燈會は去年行って見てよかったので、今年も行くつもりです。
  • まやこ 
  • URL 
  • 2007年11月12日 00時17分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://regimenth.blog55.fc2.com/tb.php/166-29e904dd

ご案内

プロフィール

まやこ

Author:まやこ
2月27日生まれのうお座・AB型

舞台や展覧会を観るのが好きで、仏蘭西と西洋史をこよなく愛する歴女です。(や○い・BLは好きではないので、腐女子ではないようです(笑)

2006年の元旦に「新選組!!土方歳三最期の一日」を見たのがきっかけで新選組副長、土方歳三のファンになり、幕末の世界に足を踏み入れ、全身どっぷり漬かっています。
土方歳三だけでなく、榎本釜次郎武揚、小栗上野介忠順、中島三郎助も贔屓にしています。
彼らの足跡を追って、山の奥や海の彼方にも行きました。

ブログのタイトルは仏蘭西語です。意味と由来はこちらをご覧ください。

もし記事の内容に間違いを見つけましたら、鍵付コメントか下のメールフォームにてご指摘ください。
本文に全く関係のないコメント・トラバは見つけ次第即削除します。
WEB拍手のコメント返しは、拍手をいただいた記事につけます。

結婚に伴い、長年住んでいた武州多摩郡某村(甲州道中沿い)から武州久良岐郡(横浜市南部)に引っ越したが、2014年6月に夫の仕事の都合で台湾南部の高雄市に住むことになりました。

ブログランキングに参加中!

↓一日一押しお願いします♪

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

日々のつぶやき

最近の記事

月別アーカイブ

西暦をクリックすると、その年の月別リストが表示されます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。