Le régiment H ─ル・レジマン・アッシュ─

台湾・高雄市から土方歳三と榎本武揚を想いつつ、幕末と江戸時代ににまつわる話題を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

ドラマ版『輪違屋糸里』

9月9日、10日と二夜連続で放映された『輪違屋糸里 女たちの新選組』を見ました。
見るにあたって、原作も公式サイトも何も見ていません。

原作は歳さんの描かれ方が今いちと聞いたので読んでいません。
また、ドラマ版のキャストが発表になってから、某SNSの歳さんコミュで、伊/藤/英/明が歳さんを演じるというので、ものすごいブーイングが起きました。
わたしはTVドラマはほとんど見ないので、伊/藤/英/明がどんな俳優なのかピンと来ませんでしたが、大半の人が「彼は土方さんらしくない」という意見でした。
なので、ほとんど期待しないままドラマを見た次第です。

以下は、わたしのドラマ版『輪違屋糸里』についての覚え書です。
役者の名前は敬称略・検索よけのためにスラッシュを入れてます。
かなり辛口の内容なので、この先を読まれる方は、その旨をご了承ください。

副題が「女たちの新選組」というだけあって、やはり女優の方が光っていました。

音羽太夫は、初め誰が演じているのかとわかりませんでした。(お化粧も濃いですし)
小/田/茜はあのような朧たけた女性を演じられる女優になっていたのですね。
出番は少ないですが、印象は強かったです。
また、お歯黒をつけているのが何ともリアル…と言うのも変ですが、江戸時代の女性の歯はみなこんな感じだったのか、と思いました。
お歯黒はさて置いても、わたしは小/田/茜に敢闘賞を上げたいです。

ドラマ版『輪違屋糸里』のMVPは何と言っても、お梅@中/嶋/朋/子です。
つらい人生を歩んできた女の情念がほとばしっていましたね…
『組!』のお梅@鈴/木/京/香に比べるとあまり品はありませんが、それがかえって「妾」「囲われ者」らしい雰囲気が感じさせました。(「品がない」というのは、この場に限っては誉め言葉です)
お梅@中/嶋/朋/子こそ、影の主役だと思います。

肝心の糸里@上/戸/彩ですが…彼女は線が細すぎるので(特に顔)、和服が合わないと感じました。
和服は顔も体型もある程度ふっくらしている方が似合うと思います。その点、吉栄役の人の方が着物姿は様になっていました。
それに演技が昔より下手になっているような気がしました。
前半の最後(平間重助との場面)の台詞回しの色気のなさは見て(聞いて)いられませんでした^^;
かつて『○八先生』に出ていた頃は、演技の上手い子だと思ってたんですが…あの若さでキャリアを積むごとに演技が劣化するのはどうかと思います。

男性陣は話の展開上、近藤派よりも芹沢派の方が目立っていましたね。
『組!』の試衛館ズを愛している方たちには、『輪違屋~』の近藤派の面々はとても見られたものではなかったでしょう(爆)

『組!』では近藤派だったのに、『輪違屋~』では芹沢派になった人がいます。
滝本捨助(この字ですよね?)→芹沢鴨@中/村/獅/童
原田左之助→平山五郎@山/本/太/郎 です。

中/村/獅/童は「かっちゃ~ん」と叫んでいた頃に比べると、随分太った貫禄がつきましたね。
でも、その方が芹沢鴨を演じるにはいいかもしれません(笑)
史実の新選組について書かれた本を色々と読むうちに、芹沢はこれまで言われてきたほどの乱暴者ではなかったと思うようになり(大和屋の焼き討ち事件も、芹沢は関係していなかったという説があるそうです)、島原の角屋で、現地のガイドさんが芹沢を「文武両道」と好意的に評していたので、『輪違屋~』の芹沢鴨が、太夫まで切り殺してしまう乱暴者として描かれているのに、とても違和感を覚えました。
原作の芹沢もあんな風なんでしょうか??

山/本/太/郎は左之助に見えてしまわないだろうかと見る前は思っていましたが、きちんと演じ分けていました。
吉栄と一緒の時はデレデレダラダラしていても、それ以外は外見も態度もビシッとしているところが、左之助との違いでしょうか。

大方の予想通り、土方歳三@伊/藤/英/明はお粗末でした(爆)
先程も書きましたが、この人が歳さんを演じるというので、某SNSの歳さんコミュでものすごいブーイングが起きましたが、実際に見てみて納得してしまいました。
わたしが一番気になったのは、普通のTVドラマでの演技を、そのまま時代劇に持ち込んでいるところです。
口先だけしか台詞を言っていないので、台詞回しに全く重みがないのです。
きっと、この人は舞台に上がったことがなく、お腹から声を出して台詞を言うことを知らないんだろうなと思いました。
その点では、歌舞伎界に一応身を置いている獅/童の方が台詞回しはずっと上でした。
あと、これは多くの方が指摘されるでしょうが、伊/藤/英/明演じる歳さんには全く品もオーラもありませんでした。
あれでは本当に「武州から来たただの百姓」にしか見えません。
歳さんはわが地元も含めて、多摩近辺に石田散薬を卸売りしていた頃から、只者ではない雰囲気があったと思っているので、あの『輪違屋~』歳三は何だかなぁ…でした
『組!』の本放送は時々しか見ていなかったわたしですら、そう思うので、『組!』の山/本土方にどっぷりハマった人には、『輪違屋~』の歳さんは耐え難いでしょうね。

ここまで散々書いてきましたが、糸里が歳さんに眼鏡を買ってもらう場面はツボでした。
わたしの好きなマンガ『エマ』にも、今までぼんやりとしか見えていなかった世界が、眼鏡のレンズ越しに初めてハッキリと見えてヒロインが感激する場面が登場するので、まるで『エマ』みたいと思いました(笑)
でも、出来上がった眼鏡は随分けったいなデザインなのには笑えてしまいました。当時はレンズを金属製のフレームで支える技術がなかったんでしょう。

『輪違屋~』と同じ作者による『憑神』は榎本釜さんが登場するというだけで映画を見て、その後原作を読んで、そちらの方が面白いと分かり、さらに今月新橋演舞場で上演されている舞台も観に行く予定、と結構ハマりました。
『輪違屋糸里』はドラマを見たら原作を読む気になるかと思いましたが、その気になれませんでした。
もっと歳さん役にふさわしい役者が演じたら読む気になったかもしれませんが…
同じ作家が書いたからと言っても、どの作品もしっくり来るとは限らないですね。
また『組!』を越える新選組ものドラマは当分現われない気がします。

《追記》
ドラマを見ている最中はあんなに気になっていたのに、この記事を書く時にはころりと忘れてしまったのですが…
歳さんの筆跡! 
きっと、あの手紙はADが書いたものなんでしょうが、実際の歳さんが達筆だったのを知らなかったとしか思えない書きようです。
あれは許せません!!
  • [No Tag]

*Comment

私もみました 

まやこさん、観てるかなぁと思いながら観てました。メールしようかなぁ、いや、まて、しかしこの土方さんはあり得んし、テンションも低いだろうと判断し、結局メールしませんでした(笑)。

私、もともと伊藤さんの顔が好みじゃないからかもしれませんが、私にとっては今までで一番しっくりこない土方さんでしたねぇ。最後のふにゃふにゃ加減がどーも特に。女性が主役と言うことで最後は女から振らせたかったんだろうけど。
  • 咲彩 
  • URL 
  • 2007年09月11日 13時42分 
  • [編集]

 

>咲彩さん
幕末ブログにもお越しいただき、ありがとうございます。

『輪違屋~』は伊藤英明演じる土方さんには期待していませんでしたが、『新選組!』以来の新選組ドラマの新作なので、それなりにテンションは高い状態で見てました(笑)
(だから、わたしにしては珍しくその日のうちにドラマの感想をアップしたんです)
でも、わたしもあの土方さんは受け付けないです。
あの作品の土方像も、演じた俳優どちらもです。
あの土方さんは、新選組ドラマ史上の黒歴史になりそうです(爆)
  • まやこ 
  • URL 
  • 2007年09月11日 22時40分 
  • [編集]

 

まやこさんなら、絶対土方さんの筆跡に触れると思ってました~。
でも、あの達筆は普通の人は読めないです(^^;)。

>原作の芹沢もあんな風なんでしょうか??

いやいや、原作の芹沢はかなりカッコいいです。
「なんで、そこまで正当化されてるの?」と驚いた位。
たまたま台本を目にする機会がありましたが、そこでも芹沢イイ人に描かれてました。その後、随分変わっちゃったみたいです。
まぁ、「いい人過ぎる芹沢」っていうのも、違和感ありますよね。

原作は土方さんをはじめとする試衛館メンバーの描かれ方に目を瞑れば面白いです。
芹沢派が水戸藩にかくまってもらおうと画策する辺りは、面白さがテレビでは伝わりきらなかったかも?
近藤がそれを阻止しようとしたり、何も知らないお勝さんが芹沢を窮地に陥れている辺り、とても面白く描かれてましたよ。
こういうのは、ネタがわかってから読んでも面白くないんでしょうけどね(^^;)。

あ、『ガラスの仮面』の大人買いの画像、インパクトありました~。
  • YAGI節 
  • URL 
  • 2007年09月11日 23時45分 
  • [編集]

そうそう 

そういえば、土方さんの家紋が左回りで間違ってましたね(笑)。
テンション高かったならメールすれば良かったなー(笑)。
  • 咲彩 
  • URL 
  • 2007年09月12日 21時49分 
  • [編集]

 

YAGI節さん、こんばんは。

わたしは実在の土方さんの筆跡が好きなので、『輪違屋~』の土方さんの悪筆にはガックリしてしまいました(苦笑)

ドラマでも、初めは原作通りの芹沢像を描こうとしていたんですね…
そのままドラマ化されていたら、ドラマの印象は随分違ったでしょうね。

『輪違屋~』の原作は今後も読まないと思います。
ただでさえ読みたい幕末もの本が積読状態なので、好みに合わなかったドラマの原作を読む気にはなれません。

ところで『ガラかめ』のコミックスはまだ初めの方しか読んでいません。
初めの方は、描かれた時代(70年代後半)を感じますね…
  • まやこ 
  • URL 
  • 2007年09月12日 22時18分 
  • [編集]

 

咲彩さん、こんばんは。
家紋が土方さん家と同じなんですよね~

以前お話したと思うんですが、歳三さんの故郷には、彼の実家以外にも「土方」姓の家がたくさんあって、彼のお墓のあるお寺も「土方」家のお墓だらけです。
歳三さんの実家の紋とは反対周りの三つ巴を使っている「土方」家もいます。
なので、右回り・左回りどちらもありなのでは、と思ってます。
  • まやこ 
  • URL 
  • 2007年09月12日 23時02分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://regimenth.blog55.fc2.com/tb.php/151-7d401af0

ご案内

プロフィール

まやこ

Author:まやこ
2月27日生まれのうお座・AB型

舞台や展覧会を観るのが好きで、仏蘭西と西洋史をこよなく愛する歴女です。(や○い・BLは好きではないので、腐女子ではないようです(笑)

2006年の元旦に「新選組!!土方歳三最期の一日」を見たのがきっかけで新選組副長、土方歳三のファンになり、幕末の世界に足を踏み入れ、全身どっぷり漬かっています。
土方歳三だけでなく、榎本釜次郎武揚、小栗上野介忠順、中島三郎助も贔屓にしています。
彼らの足跡を追って、山の奥や海の彼方にも行きました。

ブログのタイトルは仏蘭西語です。意味と由来はこちらをご覧ください。

もし記事の内容に間違いを見つけましたら、鍵付コメントか下のメールフォームにてご指摘ください。
本文に全く関係のないコメント・トラバは見つけ次第即削除します。
WEB拍手のコメント返しは、拍手をいただいた記事につけます。

結婚に伴い、長年住んでいた武州多摩郡某村(甲州道中沿い)から武州久良岐郡(横浜市南部)に引っ越したが、2014年6月に夫の仕事の都合で台湾南部の高雄市に住むことになりました。

ブログランキングに参加中!

↓一日一押しお願いします♪

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

日々のつぶやき

最近の記事

月別アーカイブ

西暦をクリックすると、その年の月別リストが表示されます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。