Le régiment H ─ル・レジマン・アッシュ─

台湾・高雄市から土方歳三と榎本武揚を想いつつ、幕末と江戸時代ににまつわる話題を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

綾瀬と南千住(綾瀬編)

20070804170350
今日は、足立区綾瀬の新選組ゆかりの地と、荒川区南千住の幕末ゆかりの地(回向院・荒川ふるさと文化館・円通寺)に行ってきました。
写真は円通寺にある上野寛永寺の黒門です。

↑例によって、ここまではケータイからの投稿です。
この先はPCからの投稿です。

猛暑の中、久しぶりに東京23区内の新選組・幕末史跡巡りに行ってきました。
蒸し暑い夏は大の苦手ゆえ、7月の小野路散策では、ずっと野外にいたのですっかりバテててしまいましたが、今回は冷房のかかっているところにも行ったので(笑)、それほどバテずに済みました。(もちろん、暑さ対策はしっかり立てて行きました)
今回は新選組ゆかりの地でまだ行ったことがなかった、五兵衛新田(足立区綾瀬)と旧幕臣の聖地(?)・円通寺とその周辺(荒川区南千住)に行ってきました。

新選組ブログではほとんど話題にされていないようですが、先週の『ぶ○り途中下車の旅』で、綾瀬のうなぎ屋(ご主人が「綾瀬世新撰組研究会」を主催)と、新選組が屯所にした金子左内家が登場しました。
実家の弟が気を利かせて、その部分を録画してくれたので、見ることができました。
うなぎ屋のご主人が五兵衛新田での新選組について熱弁しているのを見て、綾瀬にも行きたい気持ちが強くなりました。
そんな折に、ある方のブログで南千住にある荒川ふるさと文化館で『彰義隊とあらかわの幕末』という企画展が開催されているのと、円通寺が近くにあるのを知りました。
企画展の開催は9月9日までですが、この時期でもまだ涼しくはならないので、暑いけど、気分が乗っている今のうちに、地理的にそんなに離れていない綾瀬と南千住に行こうと思い立った次第です。

前置きが長くなりましたが…
綾瀬駅に着いた時はお昼近くで、お腹も空いていたので、うなぎ屋さん『うな万』に直行しました(笑)
綾瀬新撰組研究会@『うな万』

ご主人にTVで見たことは言わずに、新選組に興味を持っていて、それで今日綾瀬に来たと伝え、ご主人が鰻を焼いている間に色々と話をしました。
ご主人の知人の、近藤勇の写真の研究をしている方のサイトを教えてもらったりしました。(でも、そのサイトが見つかりません(ToT))
頂いたうな丼は普通に美味しかったです。
腹ごしらえもできて、ご主人が執筆された、五兵衛新田での新選組の動向についての本を購入して、炎天下の中、出発しました。
ご存知の方も多いかと思いますが、『うな万』のご主人の書かれた本はこちらです。
 『新撰組五兵衛新田始末』(増田光明・著)

まずは、慶応4年3月13日から4月1日にかけて、新選組が屯所にした金子左内家に行ってみました。
現在もご子孫の方がお住まいで、建物は非公開です。
門から少しだけ見えた建物はかなり立派で、式台もあるようです。
門の脇には、金子左内家に保存された、五兵衛新田における新選組の動向に関する史料についての説明板が立っていました。
金子左内家の玄関前

説明板に載っている、金子左内家の当主が書き残した「おぼへ」(出納帳)は、五兵衛新田駐留中の新選組の動向を知る上で大変貴重な史料で、『新撰組五兵衛新田始末』はこの史料を解き明かしています。
金子左内家は新選組のために様々な物資を調達したにもかかわらず、五兵衛新田を去るにあたって、勇さんが金子左内家に置いていったのはたったの5両と自分のサイン入りの写真だけだったそうです。(要するに踏み倒したんですね^^;)

それから、勇さんと歳さんが釣りをしたら、おなごが釣れた?という言い伝えのある、綾瀬川に行ってみました。
江戸時代の綾瀬川は水運が盛んだったそうですが、今の綾瀬川はコンクリートで固められ、すぐ脇を高速道路が通り、昔の面影は全くありません。(東京はこんな川ばかりだな…)
綾瀬川と五兵衛橋

五兵衛新田で新選組隊士が駐留した場所の一つ、観音寺に行く途中に、綾瀬稲荷神社がありました。
この神社には富士塚(江戸時代に盛んになった富士信仰に基づき、富士山に模して造営された人工の山や塚)があります。
背後の住宅と比べるとおわかりでしょうが、かなり小ぶりです。
歳さんや勇さんもこのプチ富士山を目にしたでしょう。
綾瀬富士塚

今の観音寺に、新選組がいた頃の様子を伝えるものはないとは知っていましたが、実際に行ってみたら本堂は真新しく、境内で植木の剪定作業中で、被写体になりそうなものがないに等しかったです。
ただ、新選組と観音寺との関係を説明した説明板が門の脇に立っていました。
ちなみに観音寺は綾瀬駅のすぐ近くです。(この記事の下に地図をアップします)

それから、新選組が到来した頃は、五兵衛新田役人惣代だった大室家に行ってみました。
ここも個人宅なので、外から拝見するだけです。
道路から、立派な門構えの古めかしい屋敷や蔵が見えました。
また、百数十年前の古い瓦を再利用して作られたという塀がありました。(塀の一画に由来が刻まれていました)

金子左内家、大室家とも外観の写真を取りましたが、一般には非公開の個人宅なので、ここには写真をアップしません。
あしからずご了承ください。
綾瀬は、わたしの地元に比べると緑(木)が少ないと思いましたが、金子左内家、大室家の敷地には大きな木々が残っていて、道に張り出している木の陰に入ると、本当に涼しく感じました。
特に金子左内家の門前の木陰では癒されました。

下は綾瀬周辺の地図です。(地図はクリックすると、別ウィンドウで大きく表示されます)
画びょう(ポイント)が刺さっているのが金子左内家、『うな万』は表示されている地図中央下の『江戸一万来館』と道路をはさんだ向かいにあります。
綾瀬の新選組ゆかりの地

綾瀬の新選組関連の地は一通り巡ったので、南千住に移動しました。
南千住編に続きます)
  • [No Tag]

*Comment

「写真が紐解く幕末・明治」 

こんにちは!
うな万の増田さんがお話ししていたのは、僕が書いているコラム 「写真が紐解く幕末・明治」のことです。

http://morishige.omlog.net/
  • 森重和雄 
  • URL 
  • 2009年07月28日 10時11分 
  • [編集]

Re: 「写真が紐解く幕末・明治」 

>森重さま

2年前の記事に、コメントありがとうございます。
本文で言及した近藤勇の写真について研究している方のサイトは、プリントアウトしたものを見せていただいたのですが、ブログ形式のコラムではなく、ジオシティのホームページだった記憶があります。
うな万さんに教えてもらったURLを見たら、ページがありませんでした。

わたしがプリントアウトしたもので見たサイトが、森重さまがお書きになったものでしたら、それに該当するブログの記事をご紹介いただけますか?
綾瀬に行ったのは2年前で、その上記憶力が良くないので、わたしが見た近藤勇の写真に関するサイト(をプリントアウトしたもの)の内容について、今、ほとんど覚えていないもので…

わたしも幕末の写真にはとても興味を持っています。
時間だけはあるので、ブログはゆっくり拝見させていただきます。
  • まやこ 
  • URL 
  • 2009年07月29日 00時02分 
  • [編集]

 

こんにちは!
詳細は下記をご覧くださいませ。

近藤勇の写真については、
京都の霊山歴史館ニュース202
http://www.ryozen-museum.or.jp/NEWS-202.html

「写真が紐解く幕末・明治」は今も継続して書いていますので、これは下記をご覧くださいませ。
http://morishige.omlog.net/


  • 森重 
  • URL 
  • 2009年09月14日 13時26分 
  • [編集]

 

>森重さん

近藤勇の写真についての詳細、拝読しました。
あの写真が京都で撮影された可能性が高いという記事は読んだことがありましたが、森重さんの研究成果だったのですね。
敷物で写真館が特定できるのは面白いですね。

ところで、拙ブログから「写真が紐解く幕末・明治」にリンクを張ってもよろしいでしょうか?
  • まやこ 
  • URL 
  • 2009年09月14日 19時54分 
  • [編集]

 

はい。
いいですよ。
でもあれは僕の高校時代の友人が運営しているサイトに僕は原稿提供しているだけです。
  • 森重 
  • URL 
  • 2009年09月15日 09時12分 
  • [編集]

 

今月は19日に江戸史談会でおりょうさんの写真についての講演をしますので、ごひ参加くださいませ。
詳細は、東京龍馬会や江戸史談会で検索してくださいませ。
  • 森重 
  • URL 
  • 2009年09月15日 09時14分 
  • [編集]

リンクを張りました 

>森重さん

> でもあれは僕の高校時代の友人が運営しているサイトに僕は原稿提供しているだけです。

ブログのユーザー名が「morishige」になっているので、森重さんのブログとして、拙ブログからリンクを張らせていただきました。
これからもよろしくお願いいたします。
  • まやこ 
  • URL 
  • 2009年09月15日 21時32分 
  • [編集]

江戸史談会の講演のお知らせ 

江戸史談会の講演のお知らせ

下記内容の江戸史談会の講演が行われます。
但し、参加人数に限りがございますのでご了承くださいませ。

講演内容:
『幕末・明治初期の日本の軍装・勲章の話』
(土方歳三の洋式軍装についてなど)

講演者:平山 晋先生(軍装・勲章収集&研究家)

日時:11月14日(土曜日)15:00から16:00 講演
            16:00から 懇親会

場所:「春廻舎」
住所・電話Tel.03-3350-3732
〒160-0007 
東京都新宿区荒木町8
根本ビル1F
http://www.geocities.jp/haruno_ya/map.html

東京メトロ 丸の内線「四谷三丁目」駅から徒歩3分
4番出口から四谷方向へ歩いてみずほ銀行の手前を左に曲がってください。
杉大門通りを進んで、右側のビルの1Fです。
隣のビルは雑炊の野武士さんです。

都営新宿線「曙橋」駅A1出口からは徒歩4分です。

人数:20名程度

講演会費:資料・懇親会費込み(お一人様:¥4000)です。


  •  
  • URL 
  • 2009年11月11日 15時46分 
  • [編集]

Re: 江戸史談会の講演のお知らせ 

どなたか存じませんが、お知らせいただきありがとうございました。
その日はすでに用事が入っているため、そちらには参加できません。
とても興味深いテーマなので残念です。
また何かありましたら、お知らせください。
  • まやこ 
  • URL 
  • 2009年11月11日 22時29分 
  • [編集]

江戸史談会 

江戸史談会の講演のお知らせです。
ご都合がよかったらお越しくださいませ。
よろしくお願いいたします。

下記内容の江戸史談会の講演が行われます。
但し、参加人数に限りがございますのでご了承くださいませ。

講演内容:
『幕末の肖像写真について』(仮称)
(土方歳三の古写真についてなど)

講演者:森重和雄(古写真研究家)

日時:12月26日(土曜日)15:00から16:00 講演
            16:00から 懇親会

場所:「春廻舎」
住所・電話Tel.03-3350-3732
〒160-0007 
東京都新宿区荒木町8
根本ビル1F
http://www.geocities.jp/haruno_ya/map.html

東京メトロ 丸の内線「四谷三丁目」駅から徒歩3分
4番出口から四谷方向へ歩いてみずほ銀行の手前を左に曲がってください。
杉大門通りを進んで、右側のビルの1Fです。
隣のビルは雑炊の野武士さんです。

都営新宿線「曙橋」駅A1出口からは徒歩4分です。

人数:20名程度

講演会費:資料・懇親会費込み(お一人様:¥4000)です。


  • 森重和雄 
  • URL 
  • 2009年12月09日 10時57分 
  • [編集]

Re: 江戸史談会 

>森重さん

レスが遅れまして申し訳ありません。
江戸史談会の講演のお知らせをありがとうございました。
当日は参加するつもりです。
どんなお話を伺えるか楽しみにしています。
  • まやこ 
  • URL 
  • 2009年12月19日 17時07分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://regimenth.blog55.fc2.com/tb.php/137-778ea529

ご案内

プロフィール

まやこ

Author:まやこ
2月27日生まれのうお座・AB型

舞台や展覧会を観るのが好きで、仏蘭西と西洋史をこよなく愛する歴女です。(や○い・BLは好きではないので、腐女子ではないようです(笑)

2006年の元旦に「新選組!!土方歳三最期の一日」を見たのがきっかけで新選組副長、土方歳三のファンになり、幕末の世界に足を踏み入れ、全身どっぷり漬かっています。
土方歳三だけでなく、榎本釜次郎武揚、小栗上野介忠順、中島三郎助も贔屓にしています。
彼らの足跡を追って、山の奥や海の彼方にも行きました。

ブログのタイトルは仏蘭西語です。意味と由来はこちらをご覧ください。

もし記事の内容に間違いを見つけましたら、鍵付コメントか下のメールフォームにてご指摘ください。
本文に全く関係のないコメント・トラバは見つけ次第即削除します。
WEB拍手のコメント返しは、拍手をいただいた記事につけます。

結婚に伴い、長年住んでいた武州多摩郡某村(甲州道中沿い)から武州久良岐郡(横浜市南部)に引っ越したが、2014年6月に夫の仕事の都合で台湾南部の高雄市に住むことになりました。

ブログランキングに参加中!

↓一日一押しお願いします♪

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

日々のつぶやき

最近の記事

月別アーカイブ

西暦をクリックすると、その年の月別リストが表示されます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。