Le régiment H ─ル・レジマン・アッシュ─

台湾・高雄市から土方歳三と榎本武揚を想いつつ、幕末と江戸時代ににまつわる話題を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

172歳の誕生日

くらやみ祭りの大太鼓

去年のこの日は仏語で書きましたが、今年は日本語で…

土方歳三様、お誕生日おめでとうございます!

歳さんの172歳(笑)の誕生日に、日野宿本陣文書検討会主催の府中宿史跡巡りもとい「燃えよ剣」ゆかりの地巡りに参加してきました。
上の写真は六所宮(大國魂神社)の境内、大太鼓の打ち込み中です。
去年は大太鼓行列と神輿渡御を見ましたが(去年のレポはこちら)、今日は日中、強い日差しの中で史跡巡りをして、体力を消耗してしまったので、祭り見物はパスしました。

今日行った主な場所は以下の通りです。

◇正光院
「燃えよ剣」で歳さんが沖田総司と分倍橋での決闘の作戦を練ったお寺。(実在するんです!)
5年位前に寺の本堂?は建て替えられているので、野寺という感じは全くありません。

◇分倍橋
一般的には「分倍河原の古戦場跡」として知られる場所。
歳さんと総司が七里研之助とその仲間と戦った頃(といってもこのエピはあくまでフィクションですが)はこの辺りは田圃だったそうですが、今は住宅街です(苦笑)
でも、分倍橋のかかっている新田川(水路)一帯が緑道として整備されているので、歩きやすかったです。

◇府中市郷土の森(博物館)
ここには歳さんもきっと目にした、甲州道中府中宿の商家がいくつか移築保存されています。
また、博物館本館には府中宿の街並み模型(日野宿よりずっと大きな宿場町だったようです)、資料が色々と展示されていました。
調布市や世田谷区の郷土資料館に比べると、府中市は地元の歴史を伝えることにお金をかけている印象を受けました。

◇近藤勇天然理心流四代目襲名野試合の場所
頂いた資料によると、現在はJRA関係施設だそうで、中に入ることは出来ませんでしたが、具体的な位置は教えていただけました。
大國魂神社の東側にある、日吉神社の隣りです。
ここで、照りつける日差しの中、野試合と近藤周助一門が大國魂神社に奉納した額の解説を聞いていたら、頭がクラクラしてしまいました。

◇大國魂神社境内
去年のくらやみ祭りでは人垣の間からやっとの思いで見た大太鼓が、今日は3時過ぎに境内に行ったら、間近で見ることができました。
大太鼓の脇に座っている子供が、大太鼓の大きな音に全然動じていないのが印象的でした(笑)

この後は検討会の会員の有志の方と、妙光院という東京競馬場の近くにあるお寺の山門の脇にある喫茶店でお茶しました。
妙光院は徳川家康や北条氏照が信仰した、由緒あるお寺だそうです。
喫茶店が借景にしているお寺の竹林が実に美しかったですが、時々競馬場からファンファーレが聞こえるのが笑えました。

来週末はひの新選組祭りがあるので、日野(宿本陣)に行くつもりです。
  • [No Tag]

*Comment

NoTitle 

このツアー、知ってました。
すごく興味あったのですが、一人で参加する勇気が無く断念したのですが、まやこさんが参加されていたとは~。
常連さんばかりのツアーですか?

府中市郷土の森は何度も行ってますが、「土方さんが見た建物」という眼で見た事はありませんでした。そうか、あそこにあるのは府中宿の建物だったのですね~。
  • YAGI節 
  • URL 
  • 2007年05月06日 21時31分 
  • [編集]

NoTitle 

YAGI節さん、こんばんは。
日野宿本陣文書検討会主催の史跡めぐりにはちょくちょく参加しています。
普段の史跡巡りは常連さん(というより会員)が多いですが、今回は主催者の方があちこちの広報に史跡めぐりの案内を出したそうで、90人近い参加者がいました。
主催者の方の尽力で、個人では見られない史跡を見られることが多く、参加していて面白いです。

府中市郷土の森は初めて行きましたが、いいところですね。
今回はツアーだったので、急ぎ足で廻りましたが、機会を改めてゆっくり見て廻りたいです。
  • まやこ 
  • URL 
  • 2007年05月06日 23時20分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://regimenth.blog55.fc2.com/tb.php/116-cae7a80b

ご案内

プロフィール

まやこ

Author:まやこ
2月27日生まれのうお座・AB型

舞台や展覧会を観るのが好きで、仏蘭西と西洋史をこよなく愛する歴女です。(や○い・BLは好きではないので、腐女子ではないようです(笑)

2006年の元旦に「新選組!!土方歳三最期の一日」を見たのがきっかけで新選組副長、土方歳三のファンになり、幕末の世界に足を踏み入れ、全身どっぷり漬かっています。
土方歳三だけでなく、榎本釜次郎武揚、小栗上野介忠順、中島三郎助も贔屓にしています。
彼らの足跡を追って、山の奥や海の彼方にも行きました。

ブログのタイトルは仏蘭西語です。意味と由来はこちらをご覧ください。

もし記事の内容に間違いを見つけましたら、鍵付コメントか下のメールフォームにてご指摘ください。
本文に全く関係のないコメント・トラバは見つけ次第即削除します。
WEB拍手のコメント返しは、拍手をいただいた記事につけます。

結婚に伴い、長年住んでいた武州多摩郡某村(甲州道中沿い)から武州久良岐郡(横浜市南部)に引っ越したが、2014年6月に夫の仕事の都合で台湾南部の高雄市に住むことになりました。

ブログランキングに参加中!

↓一日一押しお願いします♪

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

日々のつぶやき

最近の記事

月別アーカイブ

西暦をクリックすると、その年の月別リストが表示されます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。