Le régiment H ─ル・レジマン・アッシュ─

台湾・高雄市から土方歳三と榎本武揚を想いつつ、幕末と江戸時代ににまつわる話題を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

再び箱館へ

2月24日(土)、25日(日)に再び箱館に行きます。
今回も一人旅です。

目的はずばり、冬の箱館を体感することです。
箱館は去年の7月に初めて行きましたが、歳さんやチーム箱館の皆さんは夏の箱館は知らないんですよね…
彼らが過ごした箱館の冬は一体どんなものなのか、冬の箱館に行ってみることにしました。
冬の北海道に行くのは初めてです。
週間天気予報によると、24日(土)、25日(日)の函館の天気は曇り一時雪だそうで、この冬、東京で一度も雪景色を見ていないので(ちょっとだけ降っているのは見ました)、函館で雪が見られるのは東京在住の身としては嬉しいです。
(でも、地元の方にはとっては雪が少ない方が助かるんでしょうが…)

今回は1泊2日なので遠出はしないで、箱館だけにいます。
でも、東京から一番早く出発する便(飛行機)で函館に行き、一番遅い便で函館から東京に帰る予定なので、結構長い時間滞在できます。

予定は以下の通りです。

2月24日(土)
☆土方歳三最期の地碑+一本木関門(冬はどんな雰囲気なんだろう…)
☆雪(が積もっていると思いたい)の五稜郭を散策。
☆市立函館博物館五稜郭分館を見学(前回臨時休館期間中で見られなかったのでリベンジ!)
☆五稜郭タワーの歴史回廊をじっくり見る(フィギュアだけでなくて壁側の説明パネルも!)
☆五稜郭タワーの展望台から「五稜星の夢」を見る
☆元町のイルミネーション(2007はこだてフェスティバル)を見る

今回は元町のホテルに泊まります。
ホテルの中に、わたしの大好きなアイリッシュパブがあるので、夕食の心配をしなくてよさそうです。

2月25日(日)
前回の箱館滞在ではあえて見なかった函館ハリストス正教会と旧函館区公会堂を見るつもりです。
前回、元町を散策した時は、蝦夷地らしからぬ暑さにかなりバテてしまいましたが(しかも思いっきり日焼けしました^^;)、わたしは暑いよりは寒い方が動けるので、前回行かなかったところをのんびり散策したいです。
また、帰りの飛行機の出発時間が遅いので(函館発19:45です)、体調さえ許せば、最後に湯の川温泉で一風呂入りたいです(笑)
あとは、碧血碑に行ってみたいのですが…冬季でも碧血碑のあるエリアには入れるのでしょうか。

前回の箱館滞在同様、公共の交通機関が頼りの一人旅なので、あちこちは行けませんが、箱館において、歳さんファン及びチーム箱館(蝦夷共和国政府に)に興味のあるわたしにお勧めのスポットがありましたら、ぜひ教えてください。
よろしくお願いします。
  • [No Tag]

*Comment

雪ないかも 

こんにちは。
今年は冬の箱館気分は味わえないかも・・・です。

多分、そちらと同じ感じだと思いますよ。まったく雪がなくて。
五稜郭はこんな感じ。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/17136/2623322#2623322

博物館五稜郭分館は土日とも営業日ですのでご安心ください。

碧血碑ですが、普段の年は行けないと思いますが、
今年は雪がほとんどないので行けるのではないかと思います。
楽しんでくださいね。
何かご質問があればお答えしますので。

 

>キトラさん
この度はコメントありがとうございます!
五稜郭の写真を拝見しましたが、本当に雪がありませんね。
碧血碑にも行っても大丈夫そうですね。
でも、東京よりは明らかに寒いので、寒さを肌で感じられたらと思っています。
(わたしは夏の暑さよりは冬の寒さの方がいいので…)

ところで、24、25日に函館で観光客が参加できそうなイベントはありますか?
函館のイベント情報が載っているサイトを教えていただけるだけでも結構です。
よろしくお願いします。
  • まやこ 
  • URL 
  • 2007年02月19日 00時06分 
  • [編集]

残念ながら 

24,25は残念ながら何のイベントも開かれていません。

函館のイベント情報を掲載したページというのは
実はいまだに存在しておらず、一応私のブログが
函館では最も詳しいイベント情報を載せてるってことになっています。

強いて挙げると、25日にミスはこだての選考会が公開であるくらいです。
で、せっかくなのでいろいろ考えてみたのですが、
乗馬体験はいかがでしょうか。

http://www.dosanko-hakodate.com/index.html

そんなに高くなく、楽しめると思います。
普通、乗馬といえばサラブレッドですが、
ここは北海道在来種の「どさんこ」です。

土方や榎本らがまたがった馬も当然サラブレッドではなく
和種馬なので、そういう点ではおもしろいかなと思います。

どさんこがいつからいたのかははっきりしませんが、
江戸自体に本州から連れて来られた馬が北海道に適応したとされるので、
箱館戦争で使われたのもどさんこかもしれません。

ただし、函館の観光地からはここは相当遠いです。
もし行かれるようなら、交通手段を調べておきます。

後・・ 

横レス失礼致します。
後、函館野外劇の配役オーディションの日(25日)です・・
確かにイベントはありません・・が五稜郭の『五稜星の夢』点灯最後の土日です。何か良いことあるかも・・
  • 高松飛鳥 
  • URL 
  • 2007年02月19日 18時42分 
  • [編集]

 

>キトラさん
函館での乗馬体験、面白そうですね。
以前から乗馬には興味があって、実際に乗ってみたいと思ってますが、今回は函館には2日しか滞在しないので、乗馬体験できるほど時間の余裕はなさそうです。
折角調べていただいたのに、申し訳ありません。
函館に2泊以上滞在する機会があったら、ぜひ体験したいです。

ご紹介のサイトも拝見しました。
どっしりした体型の「どさんこ」は、サラブレッドより安心して乗れそうですね。

それから、やはりキトラさんのブログが一番函館のイベント情報を載せていらしているのですね。
函館の空気を感じさせてくれる、キトラさんのブログをこれからも楽しみにしています。

>高松飛鳥さん
函館野外劇は去年初めて観ましたが、とても良かったです。
この時期から夏に向けたオーディションが始まるんですね。

わたしもこの週末が『五稜星の夢』点灯最後の土日なので、もしかしたら何かあるかもと少し期待しています。

コメントはお気軽にどうぞ♪
これからもよろしくお願いします。
  • まやこ 
  • URL 
  • 2007年02月19日 22時34分 
  • [編集]

 

まやこさん
おおー冬の蝦夷地!ですねっ♪でも今年は積雪ほとんどありませんので、冬気分は満喫するのは難しそうです。
逆に言えば行動的に動けるということになりますので、思う存分ウロウロしてください。
碧血碑ですが、本当に人がいない場所ですので行かれるなら真昼間にしてください!!冬は日没が早いので、夕方にならないように注意。
ハリストス正教会や公会堂など、坂の上にある建物訪問はやはり雪がほとんどないので行きやすいでしょう。
楽しんできてくださいね~♪(ワタクシはレポガンバリマス・汗)
  • ままこっち 
  • URL 
  • 2007年02月21日 09時41分 
  • [編集]

 

>ままこっちさん
初めて、冬の蝦夷地に行くのに雪が積もっていないのは残念ですが、積もっていない分アクティブに動けて、碧血碑にも行けそうなので、それでよしとします。
碧血碑は25日の午前中に行くつもりです。

24日は函館に午前9時前に到着する飛行機で行くため、午前中時間が余りそうなので、函館市立中央図書館に行くつもりです。
ここに所蔵されている閲覧可能な史料(資料)で、見ておいた方がいいものを、もしご存知でしたら教えてください。
(図書館のサイトでは確認できなかったので…)
ままこっちさんの分まで、箱館を楽しんできますね!
  • まやこ 
  • URL 
  • 2007年02月21日 22時25分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://regimenth.blog55.fc2.com/tb.php/106-ac5c6ebe

ご案内

プロフィール

まやこ

Author:まやこ
2月27日生まれのうお座・AB型

舞台や展覧会を観るのが好きで、仏蘭西と西洋史をこよなく愛する歴女です。(や○い・BLは好きではないので、腐女子ではないようです(笑)

2006年の元旦に「新選組!!土方歳三最期の一日」を見たのがきっかけで新選組副長、土方歳三のファンになり、幕末の世界に足を踏み入れ、全身どっぷり漬かっています。
土方歳三だけでなく、榎本釜次郎武揚、小栗上野介忠順、中島三郎助も贔屓にしています。
彼らの足跡を追って、山の奥や海の彼方にも行きました。

ブログのタイトルは仏蘭西語です。意味と由来はこちらをご覧ください。

もし記事の内容に間違いを見つけましたら、鍵付コメントか下のメールフォームにてご指摘ください。
本文に全く関係のないコメント・トラバは見つけ次第即削除します。
WEB拍手のコメント返しは、拍手をいただいた記事につけます。

結婚に伴い、長年住んでいた武州多摩郡某村(甲州道中沿い)から武州久良岐郡(横浜市南部)に引っ越したが、2014年6月に夫の仕事の都合で台湾南部の高雄市に住むことになりました。

ブログランキングに参加中!

↓一日一押しお願いします♪

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

日々のつぶやき

最近の記事

月別アーカイブ

西暦をクリックすると、その年の月別リストが表示されます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。