Le régiment H ─ル・レジマン・アッシュ─

台湾・高雄市から土方歳三と榎本武揚を想いつつ、幕末と江戸時代ににまつわる話題を書いています。

Archive [2008年10月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

澤太郎左衛門と和食

先日、有志による「榎本武揚を偲ぶ会」に参加いたしました。一次会は榎本さんに縁の深い向島百花園(御成座敷)、二次会は浅草の某居酒屋でドロンケンしました(笑)酒の勢いだけでないでしょうが、釜さんの話だけでなく、ブログではとても公開できない内容のぶっちゃけた幕末トークが炸裂しました。いつもブログを拝見していて感じていましたが、皆さんお詳しいので圧倒されました。榎本さんを偲ぶ会については、幹事のはな。さん、...

2008年和蘭旅行記 索引

オランダ旅行の詳細レポが増えてきたので、「2008年和蘭旅行記」のカテゴリーにまとめ、索引を作りました。また、旅行の準備についての記事、旅行中に現地でアップした記事は「2008年和蘭への道」のカテゴリーにまとめました。和蘭旅行記の索引は、旅行記に共に更新します。【2008年和蘭旅行記 索引】和蘭旅行記 2008年9月13日(土) 其ノ壱 : 成田→スキポール→ハーグ和蘭旅行記 2008年9月13日(土) 其ノ弐 : 成田→ス...

和蘭旅行記 2008年9月17日(水) 其ノ弐

「2008年9月17日(水) 其ノ壱」の続きです。ハーグ中央駅から列車で約15分ほどでライデン中央駅に着きました。駅が思ったより大きく、構内に大勢の人が行き交い、「ライデン大学へようこそ!」の垂れ幕がかかっていました。ライデンの街の規模はハーグよりずっと小さいですが、街の中心部に向かう道はにぎやかで、さすが大学のある街だと思いました。パリのカルチェ・ラタン(ソルボンヌ大学を中心にした学生街)に雰囲気が似て...

和蘭旅行記 2008年9月17日(水) 其ノ壱

ただ今就活中で、就業中に比べれば時間があるので、こうして長文レポを書いていますが、一日も早く働きたいです…(旅行で貯金を使ってしまったので切実です)2008年9月17日(水)ハーグ→ライデン 曇りのち晴れオランダの旅も折り返し地点です。この日の昼にハーグからライデンに移動しました。移動するにあたって荷物のパッキングをしましたが、わたしはこの作業が大の苦手です。今回は、以前の海外旅行で使ったのより大きいソフ...

和蘭旅行記 2008年9月16日(火) 其ノ弐

「2008年9月16日(火) 其ノ壱」の続きです。 パレードを見終わった後、ようやくKさんがお勧めのカフェ「Dudok(ドゥドック)」に行ってみました。 ここは観光局と同じ建物内にあって、入りやすい雰囲気です。 ランチ代わりに、ガイドブックにも載っていた名物のアップルパイでなく、あえてお店の名前のついたレモンタルトを注文してみました。 ほど良い甘ずっぱさ、上に載ったメレンゲが甘さ控えめで美味しかったです! この後...

和蘭旅行記 2008年9月16日(火) 其ノ壱

オランダを旅してから1ヶ月が経ちました。1ヶ月前はかの地にいたんだなぁ…とちょっと切なくなります。2008年9月16日(火)ハーグ 天気:晴れのち曇りこの日はハーグで、年に一度の国会開会のパレード(オランダ語でprinsjesdag)が開催されました。以前にもご紹介しましたが、オランダ政府観光局のサイトによると、以下の通りです。金の馬車に乗った女王陛下が、ハーグ市内にあるノールドアインデ宮にある執務室から国会議事堂(...

和蘭旅行記 2008年9月15日(月) 其ノ弐

「2008年9月15日(月) 其ノ壱」の続きです。アンネの家の近くの通りからトラムに載って、レンブラント広場に移動しようとしましたが、なかなかレンブラント広場方面に向かうトラムが来ませんでした。やっと来たトラムに乗っても、東京ほどではありませんが、アムスは車も人も、そして自転車も多く渋滞していて、トラムはスムーズに進みません。レンブラント広場には、レンブラントの立像と、アムステルダムの国立博物館に展示さ...

和蘭旅行記 2008年9月15日(月) 其ノ壱

しばらく寄り道した和蘭旅行記の本編再開です。2008年9月15日(月)ハーグ→アムステルダム 天気:晴れ 朝食を食べた後、前日、突然開かなくなってしまったソフトキャリーケースの錠前を何とか自力で壊してから(詳しくは別記事)、日帰りでアムステルダムに行く準備をしました。別記事にも書きましたが、この日は朝からアムステルダムに行き、アンネ・フランクの家、アムステルダムの国立博物館(美術館)、レンブラントハウスを...

神無月の近況

このところ、ずっと和蘭旅行記をアップしていたので、たまに近況を。長文のくどい記事ばかり続くと、読む方も疲れますよね…今日、就活で青山に行って、次の目的地に行くまでに時間があったので、青山霊園に行ってきました。ブログにはアップしませんでしたが、先月、和蘭に行く直前に、駒込・吉祥寺の釜さん、赤松則良(大三郎)のお墓、青山霊園の澤さん、西周のお墓に詣でて、もうすぐ和蘭に行くことを報告し、旅の道中の安全を...

和蘭旅行記 幕末オランダ留学生のハーグでの下宿先

9月14日、16日にわたしのオランダ行きの目的の一つ、オランダ留学生のハーグでの下宿先(+α)を『幕末オランダ留学生の研究』(以下『~留学生の研究』)に掲載されている地図と、本文に登場する住所(←赤松大三郎が残したメモより)を頼りに探してみました。 ハーグは古い街並が残っているから、下宿先の建物も現存しているところが多いだろうと思っていたら、建物が建て替わっているところが大半でした。 また、『~留学生...

和蘭旅行記 番外編 ハーグでのトラブル  

海外を旅行している時に、トラブルやハプニングに見舞われることはよくあります(苦笑)たいていは日本との文化・習慣の違いから起こることが多いです。わたしも、6年前に初めて海外一人旅したイタリアで、日本では考えられない事態にたびたび遭遇しました。世界中の情報がWEBやテレビを通してたくさん入り、旅行先の国についてある程度調べることができる21世紀の今でさえそうなのですから、1860年代にオランダに留学した人たちは...

和蘭旅行記 2008年9月14日(日) 本編其ノ弐

「2008年9月14日(日) 本編其ノ壱」の続きです。オランダ政府観光局のサイトに掲載のハーグの地図はこちらです。午前11時過ぎにマウリッツハウスに入場し、2時間以上かけてじっくり鑑賞して、さすがにお腹がすいたので、プレインに向かいました。プレイン…佐々木譲氏の『武揚伝』をお読みになった方ならピンと来たでしょうが、『武揚伝』で榎本釜さんや留学生がビールを飲んだ広場です。プレインはマウリッツハウスのすぐ近くに...

和蘭旅行記 2008年9月14日(日) 本編其ノ壱

オランダ旅行の詳細レポを書き始めたはいいんですが、反応が少ないのが寂しいです。 わたしとしては、異文化の違いも楽しんでいただきたいです。 海の外の世界を知ってこそ、見えてくる日本もあります。 皆さんのコメントが、この先のレポの執筆のエネルギーになりますので、一言いただけるとうれしいです。 それでは、本編です。 2008年9月14日(日)ハーグ 天気:晴れ 前日、飛行機の中で眠れなかったのにもかかわらず、日本で...

ご案内

プロフィール

まやこ

Author:まやこ
2月27日生まれのうお座・AB型

舞台や展覧会を観るのが好きで、仏蘭西と西洋史をこよなく愛する歴女です。(や○い・BLは好きではないので、腐女子ではないようです(笑)

2006年の元旦に「新選組!!土方歳三最期の一日」を見たのがきっかけで新選組副長、土方歳三のファンになり、幕末の世界に足を踏み入れ、全身どっぷり漬かっています。
土方歳三だけでなく、榎本釜次郎武揚、小栗上野介忠順、中島三郎助も贔屓にしています。
彼らの足跡を追って、山の奥や海の彼方にも行きました。

ブログのタイトルは仏蘭西語です。意味と由来はこちらをご覧ください。

もし記事の内容に間違いを見つけましたら、鍵付コメントか下のメールフォームにてご指摘ください。
本文に全く関係のないコメント・トラバは見つけ次第即削除します。
WEB拍手のコメント返しは、拍手をいただいた記事につけます。

結婚に伴い、長年住んでいた武州多摩郡某村(甲州道中沿い)から武州久良岐郡(横浜市南部)に引っ越したが、2014年6月に夫の仕事の都合で台湾南部の高雄市に住むことになりました。

ブログランキングに参加中!

↓一日一押しお願いします♪

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

日々のつぶやき

最近の記事

月別アーカイブ

西暦をクリックすると、その年の月別リストが表示されます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。