Le régiment H ─ル・レジマン・アッシュ─

台湾・高雄市から土方歳三と榎本武揚を想いつつ、幕末と江戸時代ににまつわる話題を書いています。

Archive [2008年03月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

青山霊園の桜

勤務先の昼休みに手製のお弁当を持って、青山霊園に行きました。今、桜が咲き誇っています。(今日、東京では満開になったそうです)写真の中央に写っている松は、澤(太郎左衛門)さんの墓所に生えているものです。ちなみにお弁当は霊園の外苑前側の入口近くの休憩所(みたいなところで食べました。桜の時期になると、青山霊園ではお墓の前でお弁当を食べている人をよく見かけますが、マナー違反だと思います...

郷土資料館での特別展

今週末は土日共、公立の郷土資料館の特別展を見に行きました。昨日(3月22日)は八王子市郷土資料館の『八王子の天然理心流』、今日(3月23日)は板橋区郷土資料館の『所荘吉 コレクションと西洋兵学』を見ました。どちらの郷土資料館も入館料無料で、最寄の駅から遠いところが共通していました。...

チーム箱館からのラブレター

今日は休みなので、八王子市郷土資料館で開催中の特別展『八王子の天然理心流』を見に行くつもりでしたが、この雨天では外出する気にならず、家にこもっています(苦笑)ところで、Akiさんのブログで「チーム箱館からのラブレター」が紹介されていました。チーム箱館限定&女性対象というマニアックな占い?です。少し前に「ミュージカル俳優からのラブレター」をやって、ご贔屓の俳優から赤面モノの告白をされました。(その方、...

『消えずの行灯』

消えずの行灯―本所七不思議捕物帖(2007/10)誉田 龍一商品詳細を見るこの作品に若き日の榎本釜さんが登場すると香音里さんのブログで知り、更にこの作品を読んだ知人が面白い!と絶賛していたので、このところ立て続けに資料本を読んでいたので、気分転換に読んでみました。久しぶりに、エンターテイメントとして楽しく読める幕末が舞台の小説に出会ったとつくづく感じました。この小説の舞台はペリー率いる米国艦隊が日本に来航し...

新選組とG-SHOCKがコラボ!

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが…カシオの「G-SHOCK」の発売25周年記念として、新選組をテーマにしたG-SHOCKが3月29日に発売されるそうです。限定生産1000本で、公式サイトでは3月4日から予約受付しているそうですが、他のサイトでも予約できるみたいです。時計の本体とベルトには黒地に赤でダンダラが描かれ、浅葱色のバックライトの文字盤に赤で「誠」の文字が浮き上がるデザインで、かなり骨太な印象を受けました。公式サイ...

韮山巡り

日野宿本陣文書検討会の史跡巡りに参加して、伊豆半島の付け根、韮山に江川太郎左衛門英龍ゆかりの史跡に行ってきました。画像は江川邸にあるパン祖の碑です(笑)お土産に買った日本初のパンは乾パン以上に固かったです(苦笑)...

天璋院篤姫展

立て続けに幕末関連の展示の記事です。3月1日に、江戸東京博物館で開催中の特別展「天璋院篤姫展」を見に行ってきました。今年の大河ドラマは毎週欠かさず、贔屓の俳優が主役だった去年よりもまじめに見ています。「幕末」が舞台ゆえですが、西洋史でも女性を主人公にした作品(例えばミュージカル「エリザベート」)が好きなので、それもあります。まるで朝ドラみたいとか、面白くないという意見もありますが、わたしは結構楽しん...

「江戸の出版仕掛け人part4 幕末の浮世絵と絵師たち」

テンションが下がっていると言いつつも、先週の日曜日(2月24日)に、渋谷のたばこと塩の博物館で開催中の企画展『江戸の出版仕掛け人part4 幕末の浮世絵と絵師たち』(長い題名…)を見に行ってきました。渋谷は定期券内なので気楽に行けます。展示の内容は副題そのままで、幕末の世相を描いた浮世絵、幕末に活躍した絵師の作品が多数展示されていました。浮世絵そのもののレベルは先月見た『北斎展』には及ばないものの、幕末の...

ご案内

プロフィール

まやこ

Author:まやこ
2月27日生まれのうお座・AB型

舞台や展覧会を観るのが好きで、仏蘭西と西洋史をこよなく愛する歴女です。(や○い・BLは好きではないので、腐女子ではないようです(笑)

2006年の元旦に「新選組!!土方歳三最期の一日」を見たのがきっかけで新選組副長、土方歳三のファンになり、幕末の世界に足を踏み入れ、全身どっぷり漬かっています。
土方歳三だけでなく、榎本釜次郎武揚、小栗上野介忠順、中島三郎助も贔屓にしています。
彼らの足跡を追って、山の奥や海の彼方にも行きました。

ブログのタイトルは仏蘭西語です。意味と由来はこちらをご覧ください。

もし記事の内容に間違いを見つけましたら、鍵付コメントか下のメールフォームにてご指摘ください。
本文に全く関係のないコメント・トラバは見つけ次第即削除します。
WEB拍手のコメント返しは、拍手をいただいた記事につけます。

結婚に伴い、長年住んでいた武州多摩郡某村(甲州道中沿い)から武州久良岐郡(横浜市南部)に引っ越したが、2014年6月に夫の仕事の都合で台湾南部の高雄市に住むことになりました。

ブログランキングに参加中!

↓一日一押しお願いします♪

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

日々のつぶやき

最近の記事

月別アーカイブ

西暦をクリックすると、その年の月別リストが表示されます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。