Le régiment H ─ル・レジマン・アッシュ─

台湾・高雄市から土方歳三と榎本武揚を想いつつ、幕末と江戸時代ににまつわる話題を書いています。

Archive [2007年12月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

2007年を駆け抜けて

2007年もあと数時間で終わろうとしています。今年一年「ル・レジマン・アッシュ」にお越しいたただき、本当にありがとうございました。欧羅巴かぶれで、マイペースな更新にも関わらず、このブログに訪問してくださった皆さまに感謝いたします。今年は歳さんだけでなく、他の幕末人のファンになったり、興味を持ったりしたので、新選組だけでない幕末関連の場所や催しにもあちこち行きました。少ない月でも月2回、多い月では月に片...

二度目の浦賀巡りレポアップしました

11月24日に二度目の浦賀巡りをした時のレポをアップしました。史跡巡りレポはこれが今年最後です。11月の浦賀巡りでは、5月の浦賀巡りでは行かなかった場所・行けなかった場所にあちこち行ったので、両方のレポをご覧いただけるとうれしいです。二度目の浦賀巡りレポはこちらです。(11月24付の記事です)↓◇二度目の浦賀巡り...

勤務中に幕末気分

わたしは幕末とは程遠い会社で働いていますが、先日勤務中に幕末の世界に触れる機会がありました。先日、勤務先で必要な資料を探しに、初めて麻布の有栖川宮記念公園内の都立中央図書館に行きました。仕事に関わることなので、詳しく書くのは控えますが、その資料を入手するのにとても時間がかかるので、長時間図書館の中で待つことになりました。わたしに図書館に行くように指示した会社の人(直接の上司ではありません)が「待ち...

松戸の戸定邸

今年最後の史跡巡りとして、明治時代に徳川慶喜の実弟、徳川昭武が暮らした松戸の戸定邸と歴史館を見に行ってきました。写真は戸定邸の入口です。元大名の明治時代の邸宅がそのまま保存されて、見ることができて、本当によかったです。歴史館の厳選された展示もなかなか見ごたえがありました。...

師走のわたしの近況

師走になってから、一日が過ぎるのが本当に早く、2007年もあと2週間を切りました。今年を振り返るのは大晦日にするとして、例によってちょっと近況を書いてみます。『新選組!! 土方歳三最期の一日』再放送前編は、録画を見ました。感想は後編とまとめて書くつもりでいますが…本放送当時とは比べものにならないほど、今では歳さんや箱館戦争、チーム箱館についての知識を蓄えてしまったので、突込みながら見てしまいそうだと思っ...

『歳三往きてまた』お譲りします

『幕末ニッポン』のリーフレットは3冊とも譲渡先が決まりました。譲渡を希望された方には連絡済です。早々と譲渡先が決まってよかったです。でも、『歳三往きてまた』はまだ嫁ぎ先が決まっていません。この『歳三往きてまた』(秋山香乃・著/単行本版)を500円でお譲りします。申し訳ありませんが、送料はご負担くださいm(__)mこの作品の雰囲気及び、歳さんはわたしにはウエットすぎて、受け入れられませんでした。(同じ作家の作...

見たい幕末な催し覚え書

一昨日、昨日(8、9日)二日間連続で『幕末ニッポン』の展示関連講演会を聴きに行きました。8日のテーマは「幕末の写真技法」で幕末史に直接関わる話が少なかったので、こちらでは記事にしませんが(でも、個人的には大変興味深い内容でした)、9日の「徳川慶喜とフランス料理」はいずれ記事をアップするつもりです。講演を聴いて、慶喜はつくづく「人たらし」だな…と思いました。ところで、来年も幕末がらみの展覧会が目白押しで...

『幕末ニッポン』展示関連講演会(11月25日分)

今更ですが、11月25日に開催された、『幕末ニッポン』の展示関連講演会の覚え書です。11月23日の講演会に関する記事にも書きましたが、あくまで興味を抱いた事柄を書き留めるだけで、講演会のレポでないのであしからずご了承ください。11月25日(日)「幕末の海外情報と幕府」 岩下哲典(明海大学教授)講演会のタイトルから、ペリー来航以降に日本に入ってきた海外情報の話が聞けるのかと期待していましたが、実際は『享保の渡来...

篤姫展

やはり…と言うべきでしょうか。来年の大河の女主人公、天璋院篤姫の展覧会が来年、江戸東京博物館で開催されます。上のポスターはたばこと塩の博物館(講演会を聴きにまた行ったんです(^^ゞ)で見かけました。日程は2008年2月19日(火)~4月6日(日)です。 篤姫の展覧会の正式名称は『2008年NHK大河ドラマ特別展・江戸東京博物館15周年記念 天璋院篤姫展』で、思いっきり大河と連動しています。江戸東京博物館のサイトによると「...

足跡帖を作りました

思うところありまして、サイドバーに「足跡帖」なる掲示板を設置してみました。この「足跡帖」に皆さまの訪問の証しを一言残していただけると、うれしいです。また、本文に直接関係ない話題は「足跡帖」に書き込んでくださるよう、お願いいたします。ちなみに、ブログとは別画面で閲覧・書き込みすることができます。また、携帯からも閲覧・書き込みが可能だそうです。「足跡帖」のURLは以下の通りです。http://samic.jp/bbs.php?b...

『幕末ニッポン』展示関連講演会(11月23日分)

大変遅ればせながら、11月23日と25日に聴講した『幕末ニッポン』の展示関連講演会で、特に興味を抱いた事柄を書き留めてみます。(講演会のレポでないのであしからず)11月23日(金・祝)「ハリスへの接待菓子復元」 中山圭子(虎屋文庫)『幕末ニッポン』の会場に、十三代将軍家定からハリスに贈られた菓子が復元され、展示されています。講演の内容はその菓子に関するものでした。そのためか、幕末がらみの講演会にしては聴講者...

『日仏国交150年 人物記念切手』続報

香音里さんのブログで知りましたが、日仏友好協会のサイトに以前ご紹介した、「日仏国交150年 人物記念切手」の画像がアップされています。掲載ページはこちらです。来年の3月発行予定だそうです。日本で発行されるのなら、発行は延期にならないでしょう。(このブログでも再三書いていますが、フランスは何かと物事が延期されることが多いのです^^;)そのページには「このシートの10枚の切手には日仏両国で未公開の人物写真が含...

ご案内

プロフィール

まやこ

Author:まやこ
2月27日生まれのうお座・AB型

舞台や展覧会を観るのが好きで、仏蘭西と西洋史をこよなく愛する歴女です。(や○い・BLは好きではないので、腐女子ではないようです(笑)

2006年の元旦に「新選組!!土方歳三最期の一日」を見たのがきっかけで新選組副長、土方歳三のファンになり、幕末の世界に足を踏み入れ、全身どっぷり漬かっています。
土方歳三だけでなく、榎本釜次郎武揚、小栗上野介忠順、中島三郎助も贔屓にしています。
彼らの足跡を追って、山の奥や海の彼方にも行きました。

ブログのタイトルは仏蘭西語です。意味と由来はこちらをご覧ください。

もし記事の内容に間違いを見つけましたら、鍵付コメントか下のメールフォームにてご指摘ください。
本文に全く関係のないコメント・トラバは見つけ次第即削除します。
WEB拍手のコメント返しは、拍手をいただいた記事につけます。

結婚に伴い、長年住んでいた武州多摩郡某村(甲州道中沿い)から武州久良岐郡(横浜市南部)に引っ越したが、2014年6月に夫の仕事の都合で台湾南部の高雄市に住むことになりました。

ブログランキングに参加中!

↓一日一押しお願いします♪

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

日々のつぶやき

最近の記事

月別アーカイブ

西暦をクリックすると、その年の月別リストが表示されます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。