Le régiment H ─ル・レジマン・アッシュ─

台湾・高雄市から土方歳三と榎本武揚を想いつつ、幕末と江戸時代ににまつわる話題を書いています。

Archive [2007年09月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

親友バトン

はな。さんから親友バトンを受け取ったので、久しぶりにバトンに答えてみました。《親友バトン》~もしも親友だったら編~「ルール」 前の人から設定された有名人を親友に見立てて下さい。  設定人物→土方歳三…うわ~歳さんがわたしの親友ですか!設問がいかにもケータイメール世代の人が作ったと言う感じで、未だにケータイメールに慣れないわたしにどの程度答えられるかわかりませんが、やってみます(普段はこのブログでは「...

会津から戻りました

昨晩遅く、2泊3日の会津への旅から戻りました。今日は有給休暇を取ったので、3日間フルに動いた旅の疲れを癒しています。旅の途中、日常の覚え書ブログに随時モブログをアップしてましたが、帰宅後「会津への旅・2007年秋」のカテゴリーを作り、そちらに旅行中の記事をまとめたので、ぜひご覧ください。リアルタイムな会津藩公行列の写真もあります。Les Commentaires de Mayako*会津への旅・2007年秋...

会津に行きます

今日(9月22日)から24日にかけて、会津に行きます。(行くことに決めた経緯はこちらです)新選組ファンの中には、京都以上に会津に思い入れている方が結構いらっしゃるようなので、そこまで人を引きつける会津(若松)がどんなところなのか、この目で確かめてきます。一人旅なので、旅の途中で随時、日常の覚え書ブログの方に写真をアップするつもりです。お昼頃に会津若松に到着する予定なので、お昼以降にブログをぜひご覧くだ...

舞台版『憑神』

9月17日に舞台版『憑神』の東京公演を観劇しました。『憑神』は榎本釜さんが出ているというだけで映画版を見たのがきっかけで原作を読み、映画より原作の方が面白いと思いました。舞台化されるのも知っていたので、観るかどうか迷っていましたが、某チケット販売サイトで割引チケットが出たので、それを入手し、観に行くことにしました。20年近い舞台観劇歴で、初めて新橋演舞場に観に行くので、舞台そのものだけでなく、劇場に行...

ドラマ版『輪違屋糸里』

9月9日、10日と二夜連続で放映された『輪違屋糸里 女たちの新選組』を見ました。見るにあたって、原作も公式サイトも何も見ていません。原作は歳さんの描かれ方が今いちと聞いたので読んでいません。また、ドラマ版のキャストが発表になってから、某SNSの歳さんコミュで、伊/藤/英/明が歳さんを演じるというので、ものすごいブーイングが起きました。わたしはTVドラマはほとんど見ないので、伊/藤/英/明がどんな俳優なのかピンと...

日野で家を探すなら

隣の市に引越した地元の友人の家に遊びに行く途中、立ち寄ったスーパーでこんな雑誌を見つけました。写真をクリックして拡大してもらえれば、すぐにわかりますが、エリア別編集の住宅情報誌の京王線沿線版です。日野市特集なので、日野のシンボル?として高幡不動尊の境内の歳さんの立像が表紙になったようです。わたしは京王線沿線在住ですが、わたしの住んでいる地域では配布していないので、隣りの市のスーパーで見かけて、思わ...

横濱レポアップ

8月26日から27日にかけて横濱の歴史巡りをした時のレポを、8月26日付の記事(横濱散策)に追記という形で一部アップしました。一部アップ…なのは、例によって全部書けていないからです(汗)レポの内容は、幕末と直接関係ない事柄も多いですが、ご覧いただけるとうれしいです。横濱レポが完結次第、またお知らせします。本当は近況なども書きたかったのですが、台風接近に伴うものすごい湿気で頭がぼんやりしているので(湿気苦手...

初描き

横濱のホテルで避暑した後から、多摩郡は暑さが和らいできました。今ではあの猛暑は一体何だったんだろうと思うほどの涼しさです。(ちなみに、歳さんとほとんど関係ない横濱レポは、例によってちまちま執筆中です)ところで、10月6日に開催予定の「第一回蝦夷共和国関東支部軍議」(蝦夷オフ)に参加することにしました。(参加申し込み期間は終了しております)歳さんや新選組ファンに会う機会は割とありますが、蝦夷共和国が好...

ご案内

プロフィール

まやこ

Author:まやこ
2月27日生まれのうお座・AB型

舞台や展覧会を観るのが好きで、仏蘭西と西洋史をこよなく愛する歴女です。(や○い・BLは好きではないので、腐女子ではないようです(笑)

2006年の元旦に「新選組!!土方歳三最期の一日」を見たのがきっかけで新選組副長、土方歳三のファンになり、幕末の世界に足を踏み入れ、全身どっぷり漬かっています。
土方歳三だけでなく、榎本釜次郎武揚、小栗上野介忠順、中島三郎助も贔屓にしています。
彼らの足跡を追って、山の奥や海の彼方にも行きました。

ブログのタイトルは仏蘭西語です。意味と由来はこちらをご覧ください。

もし記事の内容に間違いを見つけましたら、鍵付コメントか下のメールフォームにてご指摘ください。
本文に全く関係のないコメント・トラバは見つけ次第即削除します。
WEB拍手のコメント返しは、拍手をいただいた記事につけます。

結婚に伴い、長年住んでいた武州多摩郡某村(甲州道中沿い)から武州久良岐郡(横浜市南部)に引っ越したが、2014年6月に夫の仕事の都合で台湾南部の高雄市に住むことになりました。

ブログランキングに参加中!

↓一日一押しお願いします♪

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

日々のつぶやき

最近の記事

月別アーカイブ

西暦をクリックすると、その年の月別リストが表示されます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。