Le régiment H ─ル・レジマン・アッシュ─

台湾・高雄市から土方歳三と榎本武揚を想いつつ、幕末と江戸時代ににまつわる話題を書いています。

Archive [2007年05月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

小栗まつり(その2)

小栗まつり(その1)からの続きです。その後は本堂で開かれた「ナイアガラ号」の帆船模型の除幕式を見学しました。ナイアガラ号は小栗さんが万延元年(1860年)に監察として加わっていた遣米使節団が乗ったアメリカ海軍軍艦の一つです。東善寺のご住職は、日本人初の世界一周をした遣米使節団が乗った船を「遣米使節三船」と呼んでいました。(どうやらこの呼び方を広めたいそうです)下の画像がナイアガラ号の模型です。...

小栗まつり(その1)

小栗上野介忠順の菩提寺、東善寺で開催された「小栗まつり」に行ってきました。上の画像は境内の小栗さんの胸像です。後ろの紅白の幕が祭りの雰囲気を醸し出しています。日帰りで行くにはかなり遠かったですが、行った甲斐のあった催しでした。(例によってケータイからの投稿です)この先はPCからの投稿です。...

『くろふね』

浦賀に行って以来、ますます中島三郎助が気になってきたので、その勢いで中島さんが主人公の小説『くろふね』(佐々木譲)を図書館で借りてきました。図書館で本を借りるのは久しぶりだったので、貸出期限に間に合うように必死で読んだら、読みやすい文章なのもあって、思ったより早く読了できました。この先はネタバレしていますので、その旨ご了承の上お読みください。...

続・久しぶりの日野巡りとひの新選組まつり

「久しぶりの日野巡りとひの新選組まつり」の続きです。(長文にするつもりはなかったんですが…)彦五郎資料館の後は、日野宿本陣の向かいにオープンしたばかりの日野宿交流館に行ってきました。交流館でもらったリーフレットによると『日野宿交流館は、日野を訪れた方や、地域の皆さんが集い、日野宿の歴史や文化に触れていただく場所』です。以前、新選組のふるさと歴史館で見た日野宿の街並みの模型が交流館に置かれていました...

久しぶりの日野巡りとひの新選組まつり

昨日は久しぶりに日野宿と、第10回ひの新選組まつりに行ってきました。行ってきたのは以下の場所です。◇佐藤彦五郎新選組資料館◇日野宿交流館◇「新選組京都の日々」展@新選組のふるさと歴史館◇日野中央公園(新選組まつりのメイン会場)思ったより天気が良くなって、蒸し暑かったので、途中でバテててしまいました(汗)(今からバテてどうする、わたし!)...

高幡詣で

ブログには書いていませんが、去年は歳三忌に参加し、ひの新選組まつりも見に行きました。(当時は前の勤務先で異動したばかりで、精神的に非常に疲れていて、外出できてもブログを書く気力がありませんでした^^;)でも、今年は歳三忌とひの新選組まつりがバッティングしていて、歳三忌に参加すると高幡にしかいられないのでどうしよう…とギリギリまでスケジューリングに迷っていました。結局、歳三忌をパスし、今日、石田寺に歳さ...

彼の人の命日に…

今日、5月11日は歳さんの命日です。誕生日から一週間もたたないうちに、命日が巡ってくるのは切ないです。正直言って、蝦夷共和国政府の幹部でありながら、彼が落命した場所も、葬られた場所もはっきりしていないのは、腑に落ちません。余程当時の戦況が混乱していたのでしょうか。それとも…去年の7月と今年の2月に、箱館に行き、歳さんの最期の地の碑、歳さんが葬られたと言われる五稜郭内の土饅頭、そして碧血碑に手を合わせまし...

浦賀レポ完結しました

5月3日に浦賀で中島三郎助さんゆかりの地巡りをした時のレポを書き上げました。今年になって、まともに史跡巡りレポを書いたのは、今回の浦賀巡りが初めてです(汗)しかも、わたしにしてはハイペースで書き、書いているうちに長くなったので、2つに分けました。それだけ、佐幕派のわたしにとって浦賀は見ごたえのある町でした。浦賀レポはこちらです(どちらも5月3日付の記事です)↓浦賀巡り(その1)浦賀巡り(その2)...

172歳の誕生日

去年のこの日は仏語で書きましたが、今年は日本語で…土方歳三様、お誕生日おめでとうございます!歳さんの172歳(笑)の誕生日に、日野宿本陣文書検討会主催の府中宿史跡巡りもとい「燃えよ剣」ゆかりの地巡りに参加してきました。上の写真は六所宮(大國魂神社)の境内、大太鼓の打ち込み中です。去年は大太鼓行列と神輿渡御を見ましたが(去年のレポはこちら)、今日は日中、強い日差しの中で史跡巡りをして、体力を消耗してしまっ...

浦賀巡り(その2)

浦賀巡り(その1)からの続きです。上の画像は後で対岸から撮影した東叶神社(画像中央のお社)と、神社の裏山の明神山です。神社の裏側から勝さんの断食祈願の場所に通じる道があるので、軽い気持ちで行ってみたら、かなり急勾配の階段が続いていて、日頃運動不足のわたしは途中で息も絶え絶えになってしまいました(苦笑)...

浦賀巡り(その1)

今日は浦賀に行って、中島三郎助のゆかりの地を巡ってきました。画像は中島さんの招魂碑のある愛宕山公園からの眺めです。浦賀文化センターに展示されていた中島さんの手紙を読んで泣いてしまいました…↑例によって上の文は携帯からの投稿です。この先はPCから投稿します。...

ご案内

プロフィール

まやこ

Author:まやこ
2月27日生まれのうお座・AB型

舞台や展覧会を観るのが好きで、仏蘭西と西洋史をこよなく愛する歴女です。(や○い・BLは好きではないので、腐女子ではないようです(笑)

2006年の元旦に「新選組!!土方歳三最期の一日」を見たのがきっかけで新選組副長、土方歳三のファンになり、幕末の世界に足を踏み入れ、全身どっぷり漬かっています。
土方歳三だけでなく、榎本釜次郎武揚、小栗上野介忠順、中島三郎助も贔屓にしています。
彼らの足跡を追って、山の奥や海の彼方にも行きました。

ブログのタイトルは仏蘭西語です。意味と由来はこちらをご覧ください。

もし記事の内容に間違いを見つけましたら、鍵付コメントか下のメールフォームにてご指摘ください。
本文に全く関係のないコメント・トラバは見つけ次第即削除します。
WEB拍手のコメント返しは、拍手をいただいた記事につけます。

結婚に伴い、長年住んでいた武州多摩郡某村(甲州道中沿い)から武州久良岐郡(横浜市南部)に引っ越したが、2014年6月に夫の仕事の都合で台湾南部の高雄市に住むことになりました。

ブログランキングに参加中!

↓一日一押しお願いします♪

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

日々のつぶやき

最近の記事

月別アーカイブ

西暦をクリックすると、その年の月別リストが表示されます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。