Le régiment H ─ル・レジマン・アッシュ─

台湾・高雄市から土方歳三と榎本武揚を想いつつ、幕末と江戸時代ににまつわる話題を書いています。

Archive [2006年10月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

世田谷の幕末史跡めぐり

今日、世田谷若林の松陰神社と松陰神社通り商店街で開催された、「第15回萩・世田谷 幕末維新祭り」に行ってきました。その前に下見を兼ねて、今のところ平日も体が空いているのをいいことに、木曜日(10月26日)に松陰神社~豪徳寺~世田谷代官屋敷を見て回りました。わたしは「武州多摩郡某村」もとい世田谷区在住です。長年世田谷区に住んでいるにもかかわらず、松陰神社と豪徳寺に行ったのは初めてです(汗)...

ほとがら~幕末の古写真

「幕末 古写真」をキーワードにググっていたら、11月に新宿で、幕末から明治の写真展が開催されるのを知りました。「幕末から明治、そこに生きた人々」~古写真で感じる当時の日本~2006年11月3日(金) ~11月20日(月)コニカミノルタプラザ(新宿)ギャラリーB・C展示内容は以下の通りです。(コニカミノルタプラザのサイトから引用)ギャラリーB「幕末から明治へ、変わりゆく日本」最古の日本人銀板写真レプリカ(「利七」像)、...

多摩今昔

今週から社会復帰への準備を始めて、久しぶりに色々な会社に行ったので神経が少々疲れ気味です。その前に、京都から帰ってきて間もないにもかかわらず、先週の日曜日(10月15日に)に小島資料館に行ってきました。多摩における新選組ゆかりの地のほとんどが甲州街道周辺に点在している中で、小野路の小島資料館だけはかなり離れているので、遠い印象がありましたが、実際に足を運んでみて案外近く感じました。自宅の最寄り駅から京...

久しぶりに購入

このところ、新選組・幕末関連の本を買い控えていましたが、今日、久しぶりに中央線沿線の古本屋巡りをして、以前から気になっていた本を購入しました。「歴史の中の新選組」(宮地正人)「幕末遊撃隊」(池波正太郎)特に「歴史の中の新選組」は定価が高めなので、約1/3の値段で美品を手に入れることができてラッキーでした。古本屋で購入しながら未読の本が何冊もあるので、読むのは先になりそうですが…それから、お気づきの方も...

一人称の小説

久しぶりに読んだ本の話です。わたしはもっぱら通勤電車の中で本を読んでいたので、江戸勤めを辞めて充電中の今は本を読む時間が減ってしまいました。そんな状況ですが、一冊読了しました。先月、神田神保町の古本屋で購入した「土方歳三」(大内美予子)です。随分前に刊行された作品なので、ご存知の方も多いでしょうが、流山以降の歳さんを描いた小説です。...

京から戻りました

報告が遅くなりましたが…昨晩、2泊3日の京都への旅を終えて、無事に武州多摩郡某村に戻りました。10月2日の記事に京都での行動予定を書きましたが、すべて行ったり見たりすることができました。やはり泊りがけで行く方が、ゆっくりと見て回れますね。7月の箱館行き同様、旅行中にわたしの日常の覚え書ブログ「Les Commentaires de Mayako」に旅先の画像をアップしたので、よろしければそちらもご覧ください。前回の日帰り京都行き...

浅川の風に吹かれて

明日、2泊3日の京都への旅に出発しますが、昨日、石田寺に歳さんのお墓参りと高幡不動尊にお参りしてきました。石田寺に歳さんのお墓参りに行ったのは、これで4回目ですが、快晴だったのは初めてです。今回のお参りはなぜか妙に緊張しました。7月に箱館に行って、歳さんゆかりの地を訪れたこと、近々また京都に行くことを墓前に報告しました。多摩郡に住む身としては、歳さんの魂は故郷に帰ってきていると信じたいのですが、箱館に...

歳さんの銅座像

直接、歳さんに関係することを書くのは久しぶりかもしれません(汗)あるブログで知りましたが、霊山歴史館で歳さんの銅座像が公開されるそうです。ニュースソースはこちらですが、記事が消える可能性があります。18日から始まる特別展「龍馬と新選組の時代」で展示されるそうなので、11日に霊山歴史館に行くわたしは見ることが残念ながら見ることができませんニュースソースを読んで気になったのですが…...

深川散策

友人のAさんと東京の下町、「川向こう」の深川を散策してきました。散策と言っても、あちこちは歩いていません。ルートは以下の通りです。深川江戸資料館→霊巌寺→清澄庭園→深川不動尊先月の頭から、幕末ゆかりの史跡巡りを再開しましたが、9月17日の「土方歳三が歩いた道1」以外は、新選組及び歳さん度の低いところばかりでした(汗)でも、今回訪れた深川には、新選組のある隊士が上洛前に住んでいました。彼の名は伊東甲子太郎...

増上寺詣で 和宮のご法要と徳川将軍家霊廟

今日、徳川家の菩提所であった芝・増上寺において、十四代将軍家茂の正室、和宮のご法要(静寛院和宮奉賛法要)が催されました。普段は非公開の徳川将軍家霊廟が開かれるというので、充電期間に入ったのをいいことに、平日にもかかわらず増上寺に行ってきました。増上寺に行ったのは今日が初めてです。...

来週、京都に行きます

先月末で5年半勤めた江戸勤めを辞め、今月からしばらく多摩郡某村で充電することにしました。充電期間中も、精力的に幕末・新選組ゆかりの地を巡るつもりです。「今後の史跡・イベント巡りの予定」にも書きましたが、10月9日から11日に京都に行きます。一人旅です。日程は以下の通りです。10月9日(月)島原角屋の二階見学(予約済)・光縁寺にお参り・壬生狂言鑑賞10月10日(火)京都御所(参観申込済)・二条城見学10月11日(水...

ご案内

プロフィール

まやこ

Author:まやこ
2月27日生まれのうお座・AB型

舞台や展覧会を観るのが好きで、仏蘭西と西洋史をこよなく愛する歴女です。(や○い・BLは好きではないので、腐女子ではないようです(笑)

2006年の元旦に「新選組!!土方歳三最期の一日」を見たのがきっかけで新選組副長、土方歳三のファンになり、幕末の世界に足を踏み入れ、全身どっぷり漬かっています。
土方歳三だけでなく、榎本釜次郎武揚、小栗上野介忠順、中島三郎助も贔屓にしています。
彼らの足跡を追って、山の奥や海の彼方にも行きました。

ブログのタイトルは仏蘭西語です。意味と由来はこちらをご覧ください。

もし記事の内容に間違いを見つけましたら、鍵付コメントか下のメールフォームにてご指摘ください。
本文に全く関係のないコメント・トラバは見つけ次第即削除します。
WEB拍手のコメント返しは、拍手をいただいた記事につけます。

結婚に伴い、長年住んでいた武州多摩郡某村(甲州道中沿い)から武州久良岐郡(横浜市南部)に引っ越したが、2014年6月に夫の仕事の都合で台湾南部の高雄市に住むことになりました。

ブログランキングに参加中!

↓一日一押しお願いします♪

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

日々のつぶやき

最近の記事

月別アーカイブ

西暦をクリックすると、その年の月別リストが表示されます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。