Le régiment H ─ル・レジマン・アッシュ─

台湾・高雄市から土方歳三と榎本武揚を想いつつ、幕末と江戸時代ににまつわる話題を書いています。

Archive [2006年07月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

箱館への旅(一日目・その壱)

7月14日から16日にかけて、歳さんの最期の地、箱館(と江差)に行ってきました。公共の交通手段のみ使ったので、あまり多くの場所を巡れませんでしたが、一人旅なので、自分の行きたいところだけ行き、マイペースで見てきました。これから書くのは「史跡レポ」ではなく、あくまで「旅の覚え書」です。なので、行った場所はエリアごとではなく、行った順に書きます。その辺りを踏まえて読んでいただければ幸いです。詳細な史跡レポ...

歳さんが何度となく通った村

箱館旅行からあっという間に一週間過ぎました。旅行の感想はもうしばらくお待ちください。普通の旅行記も兼ねるつもりなので、エリアごとではなく、行った場所順に書くことになるでしょう。今日の記事はわたしの地元についてです。わたしは子供の頃から20数年間、江戸時代は武州多摩郡と呼ばれた地域に住んでいます。歳さんの故郷、多摩郡石田村から見て東に位置する、甲州道中(甲州街道)沿いの町です。近藤勇が上洛前、地元に出...

箱館旅行中の天気

少し前に、箱館から武州多摩郡某村(地元)に戻ったところです。7月14~16日の箱館の天気は予報では曇りでしたが、実際にはこうでした。14日:箱館→曇りのち晴れ15日:箱館→晴れ時々曇り 江差→曇りのち霧雨16日:箱館→晴れ箱館は東京より蒸し暑くはありませんでしたが、晴れると陽射しが強く、見事に日に焼けました(苦笑)日中はノースリーブでも平気で歩けましたが、日が翳ったり落ちたりすると途端に涼しく感じました。昨日(1...

明日箱館へ

いよいよ明日、箱館に行きます!今、荷物の整理の途中でこの記事を書いています。旅行中にケータイでこのブログに旅行中の写真をアップするつもりでしたが、わたしの使っているケータイ(の機種)からSeesaaブログに記事をアップできないようです(汗)そこで、わたしの日常の覚え書「Les Commentaires de Mayako」の方に写真をアップすることにしました。史跡だけでなく、食べ物や花や景色など、いかにも旅行っぽい写真をアップす...

箱館ツアー日程(あくまで予定)

いよいよ、初の箱館ツアーまで一週間を切りました。覚え書代わりに、ここにツアーの日程を書きます。...

フライングでゲット

今日、東京藝大美術館に「ルーブル美術館展」を見に行った帰りに、JR上野駅の売店で「週刊朝日」の最新号をゲットしました。(表紙は南○キャンディーズ(笑)この雑誌、本当は火曜日発売なんですよね?今週の「週刊司馬遼太郎 土方歳三血風録」は…...

ここ2ヵ月で読んだ新選組・幕末もの

ここ2ヵ月(5月下旬から今日)にかけて、わたしが読んだ新選組・幕末ものの本を読んだ順に挙げてみます。(著者の敬称略)《読了》「椿と花水木 万次郎の生涯」(津本陽)「新選組 『最後の武士』の実像」(大石学)「歳三往きてまた」(秋山香乃)「幕末歴史散歩 東京篇」(一坂太郎)《読書中》「万延元年の遣米使節団」(宮永孝)《次に読む予定》「黒龍の柩」(北方謙三)《これから読む》(古書店購入分)「孝明天皇と『一...

フランス製のリボルバー

岡田以蔵のものとされるリボルバー(回転式拳銃)が、高知の坂本龍馬記念館で公開されているそうですね。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060702-00000003-maip-soci幕末サイトやブログでこの件を話題にしている方の多くは「人斬り以蔵」と呼ばれた人物がリボルバーを持っていたことに関心があるようですが、わたしはリボルバーがフランス製なのに、思いっきり反応しました。このリボルバーは勝海舟からもらった可能性が高い...

箱館に行きます

7月14日(金)~16日(日)にかけて、箱館(函館)に一人旅することにしました。目的はもちろん歳さんのゆかりの地巡りです。函館だけでなく、北海道に行くのは初めてです。わたしは日本国内では仙台までしか北に行ったことがありません。しかも、観劇が目的に入っていない旅行は本当に久しぶりです。何しろ、学生時代から旅行イコール旅先で何か舞台を観ることだったので…(日常の覚え書ブログをご覧いただければおわかりでしょう...

ご案内

プロフィール

まやこ

Author:まやこ
2月27日生まれのうお座・AB型

舞台や展覧会を観るのが好きで、仏蘭西と西洋史をこよなく愛する歴女です。(や○い・BLは好きではないので、腐女子ではないようです(笑)

2006年の元旦に「新選組!!土方歳三最期の一日」を見たのがきっかけで新選組副長、土方歳三のファンになり、幕末の世界に足を踏み入れ、全身どっぷり漬かっています。
土方歳三だけでなく、榎本釜次郎武揚、小栗上野介忠順、中島三郎助も贔屓にしています。
彼らの足跡を追って、山の奥や海の彼方にも行きました。

ブログのタイトルは仏蘭西語です。意味と由来はこちらをご覧ください。

もし記事の内容に間違いを見つけましたら、鍵付コメントか下のメールフォームにてご指摘ください。
本文に全く関係のないコメント・トラバは見つけ次第即削除します。
WEB拍手のコメント返しは、拍手をいただいた記事につけます。

結婚に伴い、長年住んでいた武州多摩郡某村(甲州道中沿い)から武州久良岐郡(横浜市南部)に引っ越したが、2014年6月に夫の仕事の都合で台湾南部の高雄市に住むことになりました。

ブログランキングに参加中!

↓一日一押しお願いします♪

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

日々のつぶやき

最近の記事

月別アーカイブ

西暦をクリックすると、その年の月別リストが表示されます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。