Le régiment H ─ル・レジマン・アッシュ─

台湾・高雄市から土方歳三と榎本武揚を想いつつ、幕末と江戸時代ににまつわる話題を書いています。

Category [幕末・お江戸な催し ] 記事一覧

スポンサーサイト

11月の幕末関連催し覚え書

11月に開催される幕末関連の催しの、わたし自身のための覚え書です。◇南千住幕末関係史跡スタンプラリー11月8日まで、荒川ふるさと文化館企画展示室で開催中の企画展「橋本左内と小塚原の仕置場」に合わせて、回向院、延命寺、円通寺、荒川ふるさと文化館を巡るミニスタンプラリーが行われているそうです。延命寺以外は以前に行ったことがありますが、荒川ふるさと文化館の企画展が気になるので、ちょっと怖いですが(何しろ回向院...

萩・世田谷 幕末維新祭り2009

今年は松陰神社の境内でしょーいん君と遭遇!…ということで、佐幕派ですが、今年も東京・世田谷の松陰神社及び周辺で開催された「萩・世田谷 幕末維新祭り」に行って来ました。今年は『松陰先生殉節百五十年記念』と節目の年です。...

鉄炮組百人隊出陣

新大久保に「鉄砲組百人隊出陣」を見に行ってきました。写真は新大久保駅前の皆中稲荷神社の境内です。狭い境内での鉄炮隊の演武はとても迫力がありました。新大久保はわたしの故郷ですが、町並みのあまりの変貌に驚くばかりでした。...

武蔵野大学の生涯学習講座

この「る・れじまん・あっしゅ」は最新情報提供型のブログではありませんが、たまたま情報が入ったのでご紹介します。東京の武蔵野大学で10月から開講される、平成21年度後期生涯学習講座に再び榎本さんが登場です。以下、武蔵野大学からわたしの手元に届いた講座の案内からの引用です。(少し改変あり)NO.52 榎本武揚の書簡より幕末・明治を読み解く 講師:榎本隆充榎本武揚のロシア、清国公使時代などの家族・政治家あての書...

「珠玉の輿」展

遅ればせながら、先週末に江戸東京博物館で開催中の「珠玉の輿~江戸と乗物」展を見に行ってきました。この展覧会の目玉は、アメリカのスミソニアン博物館に所蔵されていて、昨年の夏に天璋院篤姫が婚礼時に使用したものと確認された女乗物です。展示会場の入口を入ったところに、大河ドラマで使用された女乗物が展示してあり、警備員が「これは大河ドラマで使用されたもので、本物の輿はもっと奥に展示してあります(といった内容...

石田散薬を作ろう!《其ノ弐》

先月刈り取った牛額草で石田散薬を作りました!牛額草を黒焼きするのは大変でしたが、出来上がった時の充実感は大きかったです♪...

石田散薬を作ろう!《其ノ壱》

お久しぶりです(汗)今日は歳さんの故郷で、石田散薬の材料の牛額草を刈り取ってきました(笑)150年前の石田村の村人になった気分を味わいました☆...

ご案内

プロフィール

まやこ

Author:まやこ
2月27日生まれのうお座・AB型

舞台や展覧会を観るのが好きで、仏蘭西と西洋史をこよなく愛する歴女です。(や○い・BLは好きではないので、腐女子ではないようです(笑)

2006年の元旦に「新選組!!土方歳三最期の一日」を見たのがきっかけで新選組副長、土方歳三のファンになり、幕末の世界に足を踏み入れ、全身どっぷり漬かっています。
土方歳三だけでなく、榎本釜次郎武揚、小栗上野介忠順、中島三郎助も贔屓にしています。
彼らの足跡を追って、山の奥や海の彼方にも行きました。

ブログのタイトルは仏蘭西語です。意味と由来はこちらをご覧ください。

もし記事の内容に間違いを見つけましたら、鍵付コメントか下のメールフォームにてご指摘ください。
本文に全く関係のないコメント・トラバは見つけ次第即削除します。
WEB拍手のコメント返しは、拍手をいただいた記事につけます。

結婚に伴い、長年住んでいた武州多摩郡某村(甲州道中沿い)から武州久良岐郡(横浜市南部)に引っ越したが、2014年6月に夫の仕事の都合で台湾南部の高雄市に住むことになりました。

ブログランキングに参加中!

↓一日一押しお願いします♪

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

日々のつぶやき

最近の記事

月別アーカイブ

西暦をクリックすると、その年の月別リストが表示されます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。